SSH国内研修

 8月2日(木)、3日(金)の2日間にわたってSSH国内研修を実施しました。生徒は本校の1年生25名が参加しました。
 1日目は東京大学にてオープンキャンパスへの参加、夕食時には東京大学に通っている伊勢高OB6名を招いての座談会を行いました。
 2日目午前は理化学研究所にて最先端の研究を紹介する展示施設の見学、午後は国立天文台三鷹キャンパスにて、施設の見学や4D2Uドームシアターにおいて最新の観測データや理論研究に基づいて再現された迫力ある映像を見ました。
 2日間、様々な形で国内の最先端の研究に触れることができ、有意義な研修となりました。

1学期終業式

 本日は体育館において、防災訓練、表彰式、壮行会、終業式、離任式を予定していましたが、気温が高く熱中症が心配されるため、防災訓練は延期、その他の式は職員室からの放送で行うことにしました。
 表彰される生徒や上位の大会に出場する生徒には物足りない思いをさせてしまいましたが、それぞれの大会で頑張ってきてくれるよう応援しています。
 
 また、本校の英語教育のためにご尽力いただいたALTの先生が、7月末で任期を終え、帰国されることになりました。離任の挨拶を英語と日本語でしていただき、生徒会の代表から花束を贈って感謝の意を表しました。1年間お世話になりありがとうございました。
 最後に1学期終業式の英語による校長講話を掲載しますのでご覧ください。

 

硬式野球部 1回戦勝利!

 7月14日、ダイムスタジアム伊勢(伊勢市倉田山公園野球場)で、鈴鹿高校と1回戦を戦いました。6対3で勝利。胸を張って校歌を歌う姿に、応援席から惜しみない拍手が送られました。
 選手の皆さん、応援の皆さん、猛暑の中お疲れ様でした。
 

第100回全国高等学校野球選手権記念 三重大会開会式

 四日市市営霞ヶ浦第一野球場で、第100回全国高等学校野球選手権記念 三重大会の開会式が行われました。この記念すべき大会の開会式で、本校放送部の3名が司会の大役を務めました。
 入場行進では、出場校の名前を読み間違えないよう、細心の注意を払いながら、一校一校心を込めて校名を読み上げていました。右から5番目の列が野球部の生徒、右下が放送部の生徒です。
 

コーラス大会

 シンフォニアテクノロジー響ホール伊勢において、コーラス大会を開催しました。
 練習の成果を発揮すべく、直前までロビーで音合わせをしていました。
 コーラスを通じて、歌声を合わせ、呼吸を合わせ、そうしてクラスのみんなの心が一つにまとまっていく様子には、心を打つものがあります。伊勢高伝統の行事を、これからも大切にしていきたいと思います。
 発表の様子と表彰については、後日、伊勢高校公式ウェブサイトの学校行事に掲載しますのでご覧ください。
   

SSHの取り組み

 本校は文部科学省が指定する「SSH」の指定を受け取り組んでおり、本日の授業では、1年生は「地域のPBL-Project Based Learning-」の学習、2年生は課題研究の中間プレゼンテーションを行いました。
 校外の方にも見ていただき、「3年生の課題研究選択生が2年生に的確な質問やアドバイスをしている点が素晴らしい」、「1年生もお互いに意見交換をする場面で活動が大変活発である」と評価していただきました。

   

人権LHR

 本日の人権LHRは「部落問題」をテーマに実施しました。
 クラスの人権委員を中心に、体験を通して「うわさや先入観で人の価値を判断しないこと」 「面と向かって話してみたり、交流したりすることを通して、人とつながっていく姿勢を身につけてほしい」ということを学びました。
 どのクラスも真剣に取り組むことができ、よい人権LHRとなりました。

     

租税教室

 家庭科の授業の一環で、伊勢税務署主催の租税教室を行いました。
 講師は本校卒業生でもある税理士さんで、私たちが関わる税金について、分かりやすく教えていただきました。
 

看護職キャリアデザイン講座

 将来の進路に看護を考えている生徒のため、三重県立看護大学の先生が出前授業に来てくださいました。
 講師をしていただいた先生も伊勢高の卒業生です。
 特定の大学の説明ではなく、看護大学で学ぶ内容から看護職のことまで教えていただき、理解を深めることができました。
 この中から地域医療を支える人材がたくさん育ってくれることを期待しています。