写真産業の中心的な分野である機械工業に従事する有能な中堅機械技術者の養成を目的とする。教育内容は、一般教養科目、並びに専門科目の関連を配慮したうえ、機械実験、実習、設計製図、機械工作、原動機などの生産システムの基礎となる分野に重点を置き、機械工業およびこれに関連する諸分野において、製造、管理、企画、設計、研究、整備、営業等の業務に従事する能力を養成する。

学科の特色・目標特色:“ものづくり”とは職人による卓越した技術と知識。そんな“ものづくり”の基礎を学びます。
目標:将来、産業の基幹である機械工業を支える技術者として活躍できるよう、主体的に進路を選択し自己実現の達成を目指します。何事にも一生懸命取り組み、一人一人の頑張りで学校を盛り立て、卒業後の進路を主体的に考えます。
主な授業・実習【座学】:○実習【旋盤、フライス盤、研削盤、手仕上機械設計、機械工作、原動機、電気基礎、情報技術基礎、製図
【実習】:旋盤、フライス盤、研削盤、手仕上げ、鋳造、溶接(ガス、アーク、炭酸ガス、TIG、スポット)、電気、 NC旋盤、マシニングセンタ、CNC複合機、CAD、熱力・水力実験、材料試験(引張、かたさ、衝撃等)、課題研究
【資格取得】;(技能士:旋盤、フライス盤、機械組立仕上)
【その他】:ものづくり等の参加、(自らの進路選択のために→工場見学…1,2,3年、インターンシップ…2年を行っています!)
学科のストロングポイント機械科の生徒たちは、勉強や学校行事、ものづくり活動、部活動、資格取得など学校生活を主体的に取り組み、四日市工業高校を盛り立てています。また、専門知識を活かした進学や就職率も、非常に高いです。

 

機械科では、実習内容が豊富な所が一番の魅力だと思います。例えば、溶接や旋盤、鋳造などみなさんが中学までにやっていないような事をします。みなさんが四工に入学して初めて実習の授業では緊張感や恐怖感があると思いますが、先生の話をしっかり聞いていればどんどんやり方が変わってきて実習の授業が楽しくなってくると思います。

私が四工に入学してよかった事はさまざまな資格が取れることです。私は入学してから「 危険物取扱者」や「二級ボイラー技士」、技能検定の「機械組立仕上げ三級」などいろんな資格を取りました。みなさんもぜひ多くの資格を取得して頑張ってください。応援しています。最後まであきらめずに!

機械科の魅力は、実際に町工場で使っているような機械や見たことのない面白い形をした機械を実際に自分たちで動かせる所だと思います。もちろん、中にはちゃんと扱わないとケガをしたりする機械もありますが、機械科の先生達はプロなのでちゃんと授業でやってはいけないことや危ない所は言ってくれるので授業はちゃんと聞いていれば大丈夫です。また、機械科は就職の求人数も多いので自分達にやる気さえあればほぼどんな会社にも入社できる可能性があります。

私が入学してよかった事は、わからない事があっても先生に質問すれば親切に答えてくれ る所です。入学したてで右も左もわからない私に一からわかるまで教えてくれました。また、名行事ごとにどの科も半端なく盛り上がる所です。特に体育祭は異常に盛り上がる所が面白いです。

カリキュラム

学科名機械科学年
教科科目標準単位数1年2年3年
国語国語総合 ※4 3 2 
現代文 4   2
地理歴史 世界史A ※2  2 
地理A ※2 2  
公民 現代社会 ※2   2
数学 数学Ⅰ ※3 3  
数学Ⅱ 4  2 2
数学B 2   2*2a
理科 科学と人間生活 ※2   2 
物理基礎 ※2 3   
保険体育 体育 ※7~8 2 2 3
保健 ※2 1 1 
芸術 美術Ⅰ ※2 2   
外国語 コミュニケーション英語Ⅰ ※3 3   
英語Ⅱ 4  2 2
リーディング 4   2*2a
家庭 家庭総合 ※4   3 
各学科に共通する科目の単位数の計 19 16 11~15
工業 工業技術基礎 2~4 3   
課題研究 2~6   3
実習 4~14  3 6
製図 2~12 2 2 3
情報技術基礎 2~6  2  
機械工作 2~8 2 2  
機械設計 2~8 3 2 2*2b
原動機 2~4   2*2b
電気基礎 2~8  2
専門科目の単位数の計 10 13 14~18
「特別活動|ホームルーム活動」 35 35 35
週当たりの授業時間数 30 35 30
備考 ・※印 必須科目
・「情報の科学」は「情報技術基礎」で代替
・「総合的な学習の時間」は「課題研究」で代替
・*2 選択科目でa又はbの選択が可能