写真自動車に関する技術の進展や、時代の要請に応え、関係企業の技術者として、自動車に関する必要な理論および技術を習得させる。本科は国土交通省大臣指定の自動車整備士養成施設となっており、卒業または修了時に自動車整備士技能検定(ガソリン及びジーゼル・エンジン、シャーシ)の次の要件が免除される。

学科の特色・目標特色:自動車整備士に必要な基礎・基本の必要な専門知識や技術・技能を習得できる。
目標:3級自動車整備士の育成。
主な授業・実習【座学】:自動車の仕組みや原理、構造を学ぶ自動車工学、自動車を安全に使用できるようにするための自動車整備を勉強します。また、情報技術基礎、機械工作、機械設計、製図、生産システム等の自動車の製造に必要な勉強もします。
【実習】:自動車整備士として必要な技能・技術を身につけるためのガソリンエンジン実習、シャシ実習、ジーゼルエンジン実習、電装実習、機関性能実習、溶接実習等があります。
学科のストロングポイント自動車産業に欠かせない3級自動車整備士試験(筆記試験、実技試験)において、実技試験が免除され資格取得が有利。

 

自動車科の魅力は実習で実際に車体やエンジンに触れながら学べること。卒業と同時に自動車整備士3級の実技試験が免除されること。 入学してよかったことは学期に一回ある頭髪服装検査がとても厳しいことで社会での身だしなみについての一部が学 べたし、三年間頑張ったので有名な企業に内定をもらえたこと。

自動車科は、国土交通省より第一種養成施設として認可されているので3級整備士の試験のうち実技が免除される。教材も豊富で全員が均等に教材にさわることができるところが魅力の一つです。なにより科の先生方がとても親切で解らないことがあれば図に書いたりして解るまで懇切丁寧な説明をしてくださるところが一番の魅力です。

四工に入学してよかったことは、新しい友に出会うことができ自分の可能性及び大きく広がったことです。そして、高校生活を 謳歌することができたことです。 自動車の知識及び技術を高めることができ、今まで以上に自動車が好きになれたことです

実習では積極的に自分から動き、実習を楽しめばおのずと知識と技術はついてきます。頑張って!

カリキュラム

学科名 自動車科学年
教科科目標準単位数1年2年3年
国語国語総合 ※4 3 2 
現代文 4   2
地理歴史 世界史A ※2  2 
地理A ※2 2  
公民 現代社会 ※2   2
数学 数学Ⅰ ※3 3  
数学Ⅱ 4  2 2
数学B 2   2*2a
理科 科学と人間生活 ※2   2 
物理基礎 ※2 3   
保険体育 体育 ※7~8 2 2 3
保健 ※2 1 1 
芸術 美術Ⅰ ※2 2   
外国語 コミュニケーション英語Ⅰ ※3 3   
英語Ⅱ 4  2 2
リーディング 4   2*2a
家庭 家庭総合 ※4   3 
各学科に共通する科目の単位数の計 19 16 11~15
工業 工業技術基礎 2~4 3   
課題研究 2~6   3
実習 4~14 3 3 6
製図 2~12   3  
情報技術基礎 2~6 2    
生産システム技術 2~6     2*2b
機械設計 2~8   2 2*2b
自動車工学 2~8 2 2 2
自動車整備 4~8  3 3
専門科目の単位数の計 10 13 14~18
「特別活動|ホームルーム活動」 35 35 35
週当たりの授業時間数 30 30 30
備考 ・※印 必須科目
・「情報の科学」は「情報技術基礎」で代替
・「総合的な学習の時間」は「課題研究」で代替
・*2 選択科目でa又はbの選択が可能