定時制普通科

限りない可能性、働きながら学び、希望の実現を!




●学科の特色

p.17_teiji_1.png 本校定時制は、昭和23年に創設され、多くの先輩が卒業をし、現在も社会で活躍されています。単位制を採用しており、各学年末において、本校所定の単位数を修得していれば進級・卒業することができます。ただし、単位制といっても、学年毎に所定以上の単位数を修得することができなければ、進級できないことになっていますので注意が必要です。

●学科目標

p.17_teiji_2.png 生徒の多様化に対し、カリキュラムの整備、選択制や習熟度別授業の検討をしています。
1.国際教育の一環として、多文化理解教育を行います。他の国の文化や習慣を相互理解し、他人を思いやる心を育みます。
2.外国籍生徒に対する日本語教育を充実させます。
3.登下校指導の実施により、生徒の日々の状況把握するとともに、怠学・喫煙等を防止し、社会人としてのマナーを身につけます。
4.未就業生徒に対し、アルバイトに関する相談や卒業時の就職斡旋等の職業指導を行います。

●年次目標

p.17_teiji_3.png 本来、夜間定時制の過程は、働きながら4年間かけてじっくりと学習するところですが、3年間での卒業を希望するのであれば、一定の条件(通信制との併修)を満たせばそれが可能となる「三修制」と呼ばれる制度もあります。

●学校生活

 服装は質素で健全なものであれば、仕事着や普段着であっても構いません。
 原付免許・自動車免許の取得及び使用については、諸条件により許可制にしています。ただし、自動二輪免許については、その取得を禁止しています。

●卒業後の進路

 近年、卒業後、進学する生徒も現れ、鈴鹿国際大学や三重中京大学、三重短期大学、三重県農業大学校等に進学した生徒がいます。

■参考資料等

●進路資料→2014_teijisei_shinrosetumei.pdf
●選抜方法について
Doticon_grn_Right.gif中学生の方へのページへ

★卒業生の声

定時制(平成23年度卒)
T.Aさん

 私は、松阪工業高校定時制に通学していましたが、松阪工業高校に通いたいと思った一番の理由は、仕事と勉強の両立ができるからです。
 私は19歳の時に学校に行こうと思いましたが、最初は不安でした。しかし、見学に伺った時の先生方の対応の良さ、すごく親身になって話を聞いてくれたりとすごく温かく感動しました。
 入学してからはすごく楽しく、仕事と両立していましたが、何も苦にはなりませんでした。自分の将来のため日々勉学と仕事に邁進しているのは他のみんなも同じで、共に励まし合ったり、高め合ったりでとても楽しく毎日を過ごせたと思います。
 これからも高校生活で学んだことを生かし、楽しみながら充実した毎日を送っていきたいと思います。
 とても大切な高校生活だから、仕事と自分の夢をしっかり両立させて、輝ける未来へと邁進してください。


p.17_teiji_4.png