工業化学科

地球の未来と私たちの明日を創る人を育てます


工業化学科について

沿革にもあるとおり、工業高校として我が国最古の歴史を持つ学科です(明治35年)。広範な現代化学工業をはじめ、あらゆる産業界の化学関連分野において、主に分析・試験・研究・開発の部門や生産の業務に携わる有為な技術者の育成を目標としています。


学科の特色

私たちの豊かな生活を支える「もの」には大きく2つに分けられます。ひとつはプラスチック、洗剤、合成繊維、医療品などの「生活必需品」 、もうひとつはCD、DVD、光ファイバー、セラミック基盤など「最先端技術が生み出した製品」です。これら豊かな生活のための「ものづくり」を支える「素材」を扱うのが工業化学です。
いま、地球は環境破壊による様々な問題を抱えており、素材の安全性を確かめることは勿論、技術開発を進める上で環境問題を無視することは出来ません。工業化学科では「ものづくり」に必要な化学的知識を授業や実験を通して身につけ、将来に役立つ資格の取得に力を入れると共に、現代社会に目を向け常に環境問題を意識した考え方を身につける事が出来ます。
物質的な豊かさだけでなく、「安全で豊かな生活」へ
・・・心の豊かな人間を育てています。


学科の目標

工業化学科では、化学の基礎を中心に学習するとともに、化学工業分野で働くために必要な製造技術や化学分析の技術、環境を守るための技術を教科書だけではなく少人数に分かれた実習を通して学びます。危険物取扱者等の職業資格を取得し、製造業に携わる者としての技術とセンスを身につけ、将来産業界で活躍できる人材の育成を目指します。
1. 化学工業分野における現場の即戦力として活躍できる、実際的な化学技術・技能を身につけた人材の育成。
2. 化学を基礎にした環境に関わる保全技術・技能を身につけ実践できる人材の育成。
3. 化学工業のみに留まらずさまざまな製造業の分野で活躍できる基礎的な技術・技能を身につけた応用力のある人材の育成。

三年間の学習

1年次:化学の出会いと資格取得

化学の基礎的な学習と、化学分析実習・ヤシ油セッケン製造実習・パソコン実習等により基礎的な知識・技術を身につけます。
また、危険物取扱者を始め、製造業に携わる者として必要な各種資格取得に取り組みます。

2年次:化学を深めセンスを磨く

化学工業に関わる専門的な学習と実習を通して化学の理解を深め、技術・技能の習熟を目指すとともに、地球環境化学の学習により化学と環境の関わりについて学びます。

3年次:実践力と応用力を高める

化学工業の製造に関わる実務的な技術や技能を中心に習得します。化学プラントの運転・管理や実践な分析化学実習を通して、製造現場で必要な応用力を高めます。

工業化学化PR動画

ただいま 工業化学化PR動画をyoutubeにアップしています。よろしければご覧下さい。
Card image cap
資格取得

危険物取扱者(乙種全類)/2級ボイラー技士/情報技術検定/計算技術検定/毒物劇物取扱責任者 など

卒業後の進路
主な就職先

JSR/KHネオケム/ヴァーレ・ジャパン/オクトス/コスモ石油/シンフォニアテクノロジー/セントラル硝子/トライス/ニプロファーマ/伊勢村田製作所/井村屋/丸善石油化学/健栄製薬/三重環境保全事業団/三菱ケミカル/昭和四日市石油/中央発條/辻製油/東ソー/東レ/美和ロック/豊田自動織機/万協製薬/明成化学/など

主な進学先

愛知工業大学/国士舘大学/中部大学/鈴鹿医療科学大学/三重短期大学 ほか
その他 専門学校多数

  
三重県立松阪工業高等学校
〒515-0073 三重県松阪市殿町1417番地
TEL 0598-21-5313
FAX 0598-25-0532
mail sekiheki@mxs.mie-c.ed.jp