機械科

あらゆる産業をリードする機械
ものづくりの原点から学習し、ものづくりのスペシャリストを目指す


機械科について

昭和14年に設置され、機械科としては県内で最も長い歴史を持つ科です。多数の卒業生が県内外の企業で幅広く活躍しています。


学科の特色

機械の設計、製作などの基礎科目はもちろん、最新のコンピュータを使用した自動化システムなど、最新技術の学習にも多くの時間を割り当て、技術革新のめざましい産業界で常に最先端で活躍できる人材育成を目指しています。また、企業において即戦力となることができるよう各種の国家資格や技能検定に大変力を入れており、毎年多くの生徒が挑戦してすばらしい実績をあげています。さらに卒業後は多くの生徒が就職することを踏まえ、社会人として必要なマナーを身につけることも力を入れており、以上のような教育方針は多くの企業から高い評価を得ています。
また、選択授業や補習授業を行うことにより、近年国立大学を含む大学進学者の数も増えており、落ち着いた雰囲気のもと多くの生徒が勉学に励んでいます。


学科の目標

1. 社会において期待される人材育成を最終の目標としており、そのため単に知識や技術の習得に終わらずものづくりを通してのマナー教育等きめ細かな指導による人間形成に重点をおいています。
2.日々の授業を通して、ものづくりの楽しさと厳しさを知り、産業界で活躍するために必要なものづくりのノウハウを習得します。
3.資格取得に大変力を入れており、群を抜いた実績を誇っています。具体的には2級ボイラー技士、乙種危険物取扱者(1類~6類)第2種電気工事士などの国家資格や各種技能検定(旋盤、マシニングセンタ-機械検査、電子組立、テクニカルイラストレーションなど 多種にわたる資格に毎年多数の合格者を出しています
4.ロボットやソーラーカーなどの製作を通して、また高校生ものづくりコンテストへの参加を通して、より精度の高い加工技術を習得することができます。

三年間の学習

1年次:機械全般に関する基礎を身につける

機械科では学年が進むにつれて次第に発展した学習が無理なくできるよう工夫されています。1年生では機械を学ぶ上で不可欠な力学や製図、情報技術などの学習と、手仕上げ、鋳造、鍛造、エンジン分解、電気の基礎回路、コンピュータなど基礎的な実習を行います。

2年次:より広く、より深く知識や技術を学ぶ

1年生で学習した内容をさらに発展させ、より広く、より深く機械の知識や技術を学びます。具体的には機械設計や機械工作、原動機や機械製図の専門科目を学習するとともに、旋盤やフライスなどの各種機械、材料試験、溶接、ロボットやFA、CADなど、専門的な実習を行います。

3年次:自ら設計し、自ら工夫して製作する

3年生ではさらに高度な設計や工作、原動機などを学習し、卒業製図では自ら設計した値を用いて図面を製作します。また、マシニングセンタやサーボモータ、3次元CAD等ハイレベルの実習を行うとともに課題研究では精度の高い工作物を自ら工夫して製作したり、旋盤やマシニングセンタ、電子機器や機械検査などの技能士の資格に挑戦します。

Card image cap
資格取得
            

□国家資格
2級ボイラー技士/乙種危険物取扱者(1類~6類)/消防設備士/第2種電気工事士/第3種冷凍機械責任者/ガス溶接技能者

                      

□全国工業高等学校長協会主催の資格
計算技術検定/情報技術検定/機械製図検定

(技能検定試験)
機械加工技能士3級普通旋盤作業/機械加工技能士3級/マシニングセンタ作業/電子機器組立て技能士3級電子/機器組立て/テクニカルイラストレーション技能士3級/初級CADトレース能審査

卒業後の進路

機械系製造業を中心に、自動車、船舶、航空機、電気、電子機器、セラミックなどの製造業や、鉄道、運輸、公務員など、非常に幅広い分野に就職できることが特徴で、素晴らしい実績を誇っています。また、近年工学部を中心とした大学への進学者も増えています。

主な就職先

(県内) パナソニックエコソリューションズ/シャープ液晶/京セラ/シンフォニアテクノロジー/住友理工/セントラル硝子/THK/住友電工津製作所/東芝/ジャパン・マリン・ユナイテッド/横浜ゴム/富士電機/美和ロック/近畿日本鉄道/東海旅客鉄道 など
(県外) トヨタ自動車/豊田自動織機/トヨタ車体/川崎重工業/新日鉄住金/日本ガイシ/大同特殊鋼/東レ/中央発條/東邦ガス/ヤマザキマザック/日本車両製造/アイシン精機/アイシン・エイ・ダブリュ など

主な進学先

名古屋学院大学/名城大学/愛知工業大学/大同工業大学/中部大学/金沢工業大学/三重県立津技術高等学校/京都精華大学/皇學館大学 など

  
三重県立松阪工業高等学校
〒515-0073 三重県松阪市殿町1417番地
TEL 0598-21-5313
FAX 0598-25-0532
mail sekiheki@mxs.mie-c.ed.jp