学校概要

~進路希望実現と学び続ける未来のために~

 

 ようこそ、三重県立津東高等学校ホームページへ。

 

 本校は、昭和29年4月に津女子高等学校として設立され、昭和58年4月に男女共学となり、名称も現在の津東高等学校と改められました。

 

 津駅から徒歩圏内に位置し、県立美術館や図書館、総合博物館、総合文化センターなど県下有数の文化施設が至近距離にあるという恵まれた環境のもと、「向学立志」を校是として掲げ、高い志を抱き、常に学ぼうと努力する人間の育成を目指しています。

 

 本校の特徴としては、類型別クラス編成があげられます。平成19年度からSクラスとFクラスの類型別クラス編成を行い、多様な進路希望の実現に応えるため、単位制のメリットを生かした少人数講座や、英語・数学・国語を中心とした習熟度別学習のほか、放課後・土曜日・長期休業中の補講など、“個”を大切にしたきめ細かな指導を行っています。

 

 また、学習だけではなく、学校行事や部活動など何事にも前向きに取り組む生徒が多いのも特徴です。

 

 本校の目指す学校像は「地域における進学校としての教育・進学ニーズに真正面から応える学校」、「自立・進取の気概を持ち切磋琢磨に努め、不断の進化を続ける学校」です。 

 この学校像の実現のため、生徒・保護者・教職員が一体となり、夢を求め、夢を共有し、ともに取り組んでいます。

 

 ホームページでは、学校概要、教育計画、進路指導、学校生活等を掲載しています。どうぞ、ごゆっくりご覧ください。

 

 今後とも、本校の教育活動にご理解とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

三重県立津東高等学校

校長  服部 守賀