中学生の皆さんへ

特別進学クラス(Sクラス)で学びませんか

津東高校では、進学希望に応じて二つの類型制クラス編成をとっています。 Sクラスは入学時から国公立四年制大学への進学を強く希望する生徒で編成している、特別進学クラスです。

平成30年度入学生からこのSクラスの定員が、これまでの80名から100名に増えます。 また、このSクラスへの入学希望者を対象に実施する前期選抜の定員も、これまでの48名から64名に増えます。

これによって100名を3クラスに分けるので、1クラスが33~34人の少人数になり、 より手厚い指導を受けられるようになります。

Sクラスでは、土曜補講や夏季補講の実施により入試に対応できる学力を培うほか、大学見学会を実施することで将来の進路選択や学問への視野を広げることができます。

Sクラス(特別進学クラス)、Fクラスに関するQ&A

S・Fクラスの違い

Q:SクラスとFクラスはどんな違いがあるのですか?

A:Sクラスは入学時から、国公立大学への進学をめざす生徒でクラスを編成します。一方、Fクラスは、 1年次で共通の科目を学習しながら進路についてじっくり考え、2年次から進路希望に応じた科目選択をしてクラス編成を行います。

Q:Sクラスで、理系にも文系にも進学できますか?

A:Sクラスにおいても2年次から生徒の希望によって文系と理系に分かれ、 進路希望に沿った科目選択を行うことによって文系、理系どちらの分野への進学も可能となります。

Q:Sクラスに入らなければ国公立大学に進学できないのですか?

A:Fクラスにおいても、2年次からの科目選択によって国公立大学への進学をめざす生徒が集まるクラスを編成しますので、 そのクラスで学習を進めて国公立大学への進学をめざすこともできます。

クラスの決定

Q:Sクラスの編成はどのような方法で行うのですか?

A:1.前期選抜でSクラスのうち64名程度が決定します。 ※前期選抜はSクラスのみの募集

A:2.後期選抜合格決定後、Sクラス希望調査を実施し、希望と学力検査及び調査書の成績により、 Sクラスの残りの人数(100名-前期選抜合格者数)を決定します。

【クラス間の異動】

Q:FクラスからSクラスへ、SクラスからFクラスへ異動することはできますか?

A:S・F間の異動は少人数ですが行っています。FからSへは1年次末に、SからFへは1年次及び2年次末に行います。 異動を希望する生徒の進路希望、学習意欲、成績等を考慮して十分な面談のうえ決定します。

学習内容・評価

Q:SクラスとFクラスで学習内容や学習進度が違いますか?

A:違いはあまりありません。ただ、学習意欲の高い人が多いので、授業の雰囲気が良く、少し進みが早くなります。

Q:Sクラスに入ると学習のレベルが上がり、Fクラスに比べて評価が不利になりませんか?

A:高校での成績はすべて絶対評価であり、Sクラスに入ったからといって不利とか有利といったことはありません。 それぞれ設定された目標をどの程度達成したかで評価されます。

クラブ活動及び学校行事への参加】

Q:Sクラスに入って毎日のクラブ活動を続けることはできますか?

A:ほとんど支障なくクラブ活動を続けることができます。 実際、Sクラスには運動部に所属する生徒も多く、部活動と勉強との両立を立派にやり遂げています。 限られた時間をうまく切り替えて学習習慣をつけ、キャプテンを務めている先輩も多くいます。

Q:SクラスとFクラスでは学園祭、体育祭等の取り組みに違いがあるのですか?

A:学園祭、体育祭等の取り組みはクラスに関係なく全校で同じように取り組みます。