校長室

■学校長より

 「緑のしたゝる丘
  そよ風さやかな丘
   朝夕になつかしい山王の丘よ」(桑名北高等学校 校歌 風かおる 山王の丘)

 昭和55年4月開校、令和元年度に創立40周年を迎え、これまでに1万人を超える卒業生を輩出している本校は、校歌にあるように、桑名市北部の「山王の丘」に立地する高等学校です。正門に続く通称「北高坂」には、卒業記念に植樹された40本を超える桜があり、春には満開となって生徒のみなさんを迎えてくれます。

 本校は、創立以来、地域との関わりのなかで、新しい学びや新しい学校づくりに挑戦し続けてきました。総合的な探究の時間「みらい」、保育園で子どもと実際に触れ合うコミュニケーション授業、「主体的・対話的で深い学び」の視点を取り入れた授業展開等、これらの教育活動は、県内はもとより県外にも高く評価され、平成30年度にはキャリア教育文部科学大臣表彰を受賞いたしました。
 また、創立40周年を契機に、本校で育みたい生徒像を、校訓として「自律、誠実、協働」との3つの言葉にまとめました。いつの時代であっても必要とされるこれらの資質・能力を身につけ、そして地域や社会を支える人材を育成するため、本校はこれからも挑戦し続けてまいります。

 わたしたち教職員一同は、生徒のみなさんの成長や、夢と希望の実現に向けて、また、地域に信頼される学校づくりに向けて、引き続き力を合わせてしっかり取り組んでまいります。
 今後とも、ご理解、ご支援をよろしくお願いします。

                               

ページ上部へ戻る