校長挨拶

このたびは、三重県立宇治山田商業高等学校のホームページへアクセスしていただきありがとうございます。

本校は、明治41年(1908年)に宇治山田市立商業補習学校として開校して以来、一世紀以上にわたり一貫して商業教育を推進してまいりました。
現在、商業科、情報処理科、国際科の3学科を有し、「健康明朗」「自立協同」「誠実勤勉」の校訓のもと、
○自他を尊重するとともに、規範意識を大切にする人間性豊かな生き方を目指す生徒
○積極的に自己の能力に挑戦する活力ある姿勢や態度を大切にする生徒
〇「企画力」「調整力」「実践力」「突破力」「地域への貢献力」等の能力を持ち、自ら人生を積極的・主体的に切り拓いていく力と強い意志を備えている生徒の育成を目指しています。
本年度より3年間、文部科学省「地域との協働による高等学校教育改革推進事業(グローカル型)」の指定校として、「観光都市with SDGs ~伊勢志摩!未来創造プロジェクト~」をテーマに、持続可能な未来を創造できるグローバルな視点を持った地域社会のリーダー育成に取り組み始めました。この事業ではSDGsの視点で、地元伊勢志摩の地域の人々と一緒に課題研究に取り組んだり、海外留学や海外研修で世界に出向き、国際交流や国際理解を深めたりして、地域の方々と共にチャレンジしていきます。
「文武両道」と「挨拶は山商の宝」をモットーとして、「挑戦!山商魂」を合い言葉に、地域に愛され、信頼される学校づくりを進めてまいりますので、今後ともご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

三重県立宇治山田商業高等学校  校長  廣島 朗