Notification / お知らせ



News


2018/10/11

【各ページ】写真や内容を一新しています。

2018/10/11

【各ページ】携帯端末に対応しました。レスポンシブサイトになっています。

      また、階層構造も見直しました。

2018/10/11

【HOME】ソーシャルネットワークの稲葉に関わるものを本ホームページに統合しました。



このたびは、三重県立稲葉特別支援学校のホームページを御覧いただきありがとうございます。
 今年度から校長に着任しました淺沼千惠(あさぬまちえ)です。
 よろしくお願いいたします。

 本校は、津市西部の丘陵部に位置し、近くには青山高原がそびえ、四季折々の花が咲く大変自然豊かな環境の中で、小学部・中学部・高等部の知的障がいのある児童生徒が学ぶ学校です。
 昭和53(1978)年4月の開校から、今年で40年目を迎えます。その間、平成19年4月には、国の特別支援教育制度のスタートにより、校名を「三重県立稲葉特別支援学校」と改め、現在に至っています。
 平成30年度は、小学部35名、中学部49名、高等部96名、合計180名でスタートいたしました。本校のスクール・キャラクターである「いなばんび」のように自然の中で明るく、元気に育ってほしいと思っています。
 また本校は、「なかよく、あかるく、たくましく」を校訓とする、子どもたちが主人公の学校です。友達と仲良く、明るく笑顔で、元気に学校生活を送り、たくましく成長して社会に大きく羽ばたいていけるよう、教職員が一丸となって指導と支援に取り組んでいます。今後も、教職員一同、力を合わせて、児童・生徒・保護者の皆様に満足と安心を、関係機関や地域に信頼を得る学校づくりに努めてまいりたいと考えています。
 このホームページで、稲葉特別支援学校の教育活動や特別支援教育に関する情報等をできるだけ掲載させていただきます。どうぞ、よろしくお願いいたします。

・一人にとりの能力や可能性と伸ばし、「生活する力」を高める。
・ぶれあいを通して「人と関わる力」をはぐくむ。
・具体的な体験を通して「考える力」を培う。
・継続して役割に取り組み、粘り強さや「意欲を持って物事に向かう力」を身につける。
・毎日の活動で、健やかな心身を育てる。

平成30.4. 1  三重県立亀山高等学校教頭 淺沼 千惠 第十六代目校長に着任
  28.4. 1  三重県立城山特別支援学校校長 井坂 誠一 第十五代目校長に着任
  26.4. 1  三重県立聾学校教頭 梅澤 裕 第十四代目校長に着任
  23.4. 1  三重県教育委員会事務局特別支援室長 浅生 篤 第十三代目校長に着任
  23.4. 1  訪問教育部が城山特別支援学校へ移管される。
  19.4. 1  三重県立養護学校玉城わかば学園教頭 西世古 悌治 第十二代目校 長に着任
  19.4. 1  校名が三重県立稲葉特別支援学校に改まる
  16.4. 1  三重県立昴学園高等学校教頭 岡 本 惺 第十一代目校長に着任
  13.4. 1  三重県教育委員会審議監 阪本 忠一 十代目校長に着任
  12.4. 1  高等部訪問教育開始
  11.4. 1  三重県立西日野養護学校校長 羽田 規夫 九代目校長に着任
   9.4. 1  三重県立名張桔梗丘高等学校教頭 吉森 茂雄 八代目校長に着任
           高等部訪問教育試行開始
   8.12.1  三重県教育委員会より三重県教育優良校表彰
   8.8.28  全国高等学校PTA連絡協議会よりPTA活動表彰
    8.4.1  三重県立養護学校伊賀つばさ学園開校(伊賀地域在住児童生徒転学)
   8.3.31  伊賀分校閉校
    7.4.1  三重県立城山養護学校長 西井 明 七代目校長に着任
    6.4.1  三重県立養護学校玉城わかば学園開校(南勢地域在住児童生徒転学)
   6.3.31  長谷山分校閉校
    4.4.1  三重県教育委員会事務局より 齋藤 征利 六代目校長に着任
    3.4.1  長谷山分教室が長谷山分校になる
    2.4.1  済美分教室が度会養護学校済美分校になる。
    2.4.1  三重県立度会養護学校長 八太 真浩 五代目校長に着任
昭和 63.4.1  三重県立杉の子養護学校長 藤門 光昭 四代目校長に着任
   60.3.8  校旗制定
   59.4.1  三重県立杉の子養護学校長 浅生 剛 三代目校長に着任
  58.3.15  第5回卒業式挙行(高等部第1回)
  57.6.21  高等部棟竣工式挙行、校歌発表会、記念碑除幕式挙行、学校創立記念日制定
  56.4.11  寄宿舎設置開舎式挙行
  56.3.31  富士見台分教室閉鎖
   55.4.1  高等部設置、在宅児童生徒のための訪問教育開始
           三雲中学校長 齋藤正澄 二代目校長に着任
   54.4 1  養護学校教育義務制実施  
           長谷山分教室 富士見台分教室、済美分教室、育成分教室開設
           重度の児童生徒のための訪問教育開設
  54.3.24  第1回卒業式挙行(小学部3名・中学部1名)
   53.4.1  三重県教育委員会事務局より松嶋春樹 初代校長として着任
           三重県立稲葉養護学校設置開校


校歌
1.かがやく太陽 いっぱいに
  稲葉につどう わたしたち
  清らな心に  澄むひとみ
  みんなみんな 手をつなぎ
  あすに向って 学ぼうよ
2.はじけるこだま 山々に
  稲葉につどう  わたしたち
  元気な仲間だ 友だちだ
  みんなみんな 胸をはり
  あすに向って 進もうよ
3.広がる空に  かかるにじ
  稲葉につどう わたしたち
  励ましあって どこまでも
  みんなみんな 夢をもち
  あすに向って がんばろう

小学部

中学部

高等部

寄宿舎

 通学方法は大きく3つにわかれます。
 「スクールバス通学」・「自主通学」・「保護者による送迎」の3つです。
 大半の生徒はスクールバスを利用して登下校しています。高等部になると近辺に住んでいる方は自転車通学をしたり、遠方でも路線バスを使って自主通学している方もみえます。

スクールバスについて

 下の4つのコースを運用しています。
乗り降りは、路線バスのバス停を利用させていただいています。
スクールバスを利用するには、いくつかの基本的なルールをお守りいただきます。
ルールやマナーを守って、登下校を快適に過ごしていただけるよう、ご協力をお願いしております。

久居コース

色:ピンク

河芸コース

色:白

芸濃コース

色:みどり

一志コース

色:あお

自動車    久居IC より伊賀市・青山高原方面へ 約30分
三交バス   「いなば経由榊原車庫前」行き
       いなば園前下車 徒歩 約5分(約500m)三重交通サイトへ
 

学校名
  三重県立稲葉特別支援学校
住所
  〒514-1252
  三重県津市稲葉町上野4101番地
電話
  事務室 059-252-1221
  小学部 059-252-2802
  中学部 059-252-2803
  高等部 059-252-2801
  高進路 059-252-1250
  寄宿舎 059-252-1228
  FAX  059-252-1225
  メール sinabaad@mxs.mie-c.ed.jp
 
facebook
  公式facebook
  facebook運用ポリシー
日々の様子をお伝えしております。

※ iCALの公開URL

https://calendar.google.com/calendar/ical/inaba.sien%40gmail.com/public/basic.ics
この URL を使用すると、他のアプリケーションからこのカレンダーにアクセスできるようになります。