校長より

三重県立南伊勢高等学校校長 角屋 貴久

 三重県立南伊勢高等学校南勢校舎ホームページにようこそお越しいただきました。

 南伊勢高校は、平成16年4月に、南勢高校・南島高校・度会高校の3校が統合し、南勢・南島・度会の3校舎からなる「校舎制」高校として新たな出発をしました。校章の、中央のオレンジは南勢の太陽と蜜柑を、右側のブルーは南島の海と空を、左側のグリーンは度会の山とお茶をイメージしており、一つの地域・学校として共に力を合わせ課題に取り組み解決しようとしている姿を示しています。

 その後、平成20年3月に南島校舎が閉校となり、現在は南勢・度会の2校舎となっています。南勢校舎は、南伊勢町唯一の県立高校として、五ケ所湾に面し、ミカン畑に囲まれた自然豊かな風景の中に立地しています。

 本校では、美しい自然環境の中で、地域の方々や関係機関から大きなご支援をいただきながら、生徒一人ひとりにしっかりと向き合い、きめ細かな教育を大切にしています。生徒たちは、さまざまな取組をとおして、豊かな心・つながる心・たくましい心を育んでいます。

 また、南勢校舎では、「地域ビジネス創出プロジェクト(SBP)」をはじめ、地域と一体となって南勢校舎をより活性化する取組を推進しています。各学年1学級の小規模だからできること、この南伊勢の地にあるからこそできることに取り組むとともに、これからも地域のために貢献できること、高校生だからこそできることを見つけながら、地域とともに歩んでいきたいと考えています。

 次に授業については、小規模校の特性を活かし、習熟度別学習の導入など一人ひとりの生徒がわかる授業に取り組んでいます。これからも本校の目指す学校像「自らの力で自分の将来を切り開き、地域社会に貢献するひとを育成する学校」に向けて、生徒たちに質の高い教育を提供し、魅力と特色のある学校にしていき、より一層地域から信頼される学校づくりに努めてまいります。

 南勢校舎は、五ケ所湾の海のように、深く、広く、美しい心の生徒を育成いたします。

                                                                                                                                                                     令和3年4月