定時制の独立校,午前の部(普通科),午後の部(普通科),夜間部(ものづくり工学科)の3部を設置

実習①(ダンベル製作)

  • HOME »
  • 実習①(ダンベル製作)
(4) 2019.05.17

ダンベル製作4週目です。
 本日は心立て、外径切削を行います。
心立てとは、センタ穴ドリルを用いて穴をあける事をいいます。これにより、切削物がブレないようにする役割をします。
外径切削とは、回転している素材に外側から刃物を当てて、素材を削っていく加工です。
危険な作業も伴うため、慎重に作業を進めていきます。端面が綺麗に削られていきました。

(3) 2019.05.10

ダンベル製作3週目です。
 本日は端面切削を行います。
端面切削とは、円柱形の平面(右端)を削る加工で、工作物を旋盤の主軸に取り付けたチャック(爪)につかんで回転させます。刃物台に固定した片刃バイト(刃物)の先端を、円柱形の平面(右側の端面)に当てて、外周から中心まで送って削っていきます。
バイトの刃と材料の中心の高さが合っていないと削れなかったり、「へそ」(削り残し)ができてしまうので、きちんと合わせます。

(2) 2019.04.19

ダンベル製作2週目です。
設計図もできあがりました。
本日から旋盤の作業に入ります。
 旋盤とは、金属を固定しそれを回転させて刃物で削っていく作業をする工作機械です。
大変危険を伴う作業なので使用方法をしっかりと聞き、安全に作業できるように注意を払います。

(1) 2019.04.12

本日より授業が開始されました。
ものづくり工学科2学年の生徒がダンベル製作の実習をしていきます。
完成までの様子を紹介していきたいと思いますのでよろしくお願いします。
1回目の授業は方眼紙への作図です。
先生の指導を受けながら丁寧に作業をしていきます。

伊勢まなび高校 事務室(代表) TEL 0596-25-3690

PAGETOP
Copyright © 三重県立伊勢まなび高等学校 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.