定時制の独立校,午前の部(普通科),午後の部(普通科),夜間部(ものづくり工学科)の3部を設置

校長挨拶

 三重県立伊勢まなび高等学校のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
 本校は、昭和23年に宇治山田実業高等学校定時制課程夜間部として発足し、昭和33年に定時制課程の独立校、伊勢実業高等学校となって以降、勤労青少年に学習の機会を提供し、数多くの有為な人材を社会に輩出してきました。その後、社会情勢が大きく変化し、教育に対するニーズも多様化する中で、平成16年には午前の部(普通科)、午後の部(普通科)、夜間部(ものづくり工学科)の3部からなる定時制課程の単位制高等学校、伊勢まなび高等学校と改称しました。
 本校が目指す学校像は、「生徒が安心して楽しく学べる学校」「生徒が学びたい内容を自分のペースに合わせて学べる学校」「生徒が社会に出て自立できる力を身につけられる学校」の3つです。この学校像をもとに、生徒一人ひとりが多様な選択科目や学校設定科目を設けた授業、体育祭や文化祭等の学校行事、運動系や文科系の部活動等をとおして、新たな自分を発見し、自分の可能性を見出せるよう努力を続けています。また、教職員が一つになり、保護者や同窓生、地域住民等のご支援もいただきながら、学習指導の充実、個に応じた生徒支援、キャリア教育の充実等に取り組んでいます。
 本校への進学を考えているみなさん、仲間とともに、他校にはない学びを経験する中で、新たな自分に挑戦してみませんか。

校長  加藤 美徳

伊勢まなび高校 事務室(代表) TEL 0596-25-3690

PAGETOP
Copyright © 三重県立伊勢まなび高等学校 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.