教育方針 of 三重県立四日市中央工業高等学校

IMG_0490.JPG





bind_115.jpg

校訓は『誠実・努カ・親切』です。

教育目標
豊かな人間性を備えた、たくましい工業技術人の育成をめざします。
この目標を達成するため、
○学習者の視点に立ち、能力の伸長を図ります。
○人権尊重の精神に立ち、健全な心身の発達を図ります。
○確かな実践力を養成し、生きる力を育みます。
○生徒、保護者、地域の方々に信頼される工業高校を創ります。

努力目標
1.基本的な生活習慣の育成
(1)家庭と連携して生活リズムの確立を図ります。
(2)社会人として必要な礼儀とコミュニケーション能力を育成します。
(3)集団の一員として行動できる力を身に付けます。
(4)生徒の置かれた状況を理解し、保護者とともに生活指導を行います。

2.授業の充実
(1)社会に通用する工業技術者の育成を目指して教育課程を編成します。
(2)学習意欲向上を目指して、わかりやすい授業の実践に努めます。
(3)効果的な学習方法を研究し、継続的に授業改善に取り組みます。
(4)工業高校生としての知識・技能の向上を図り、資格取得に取り組みます。

3.クラブ活動の充実と発展
(1)豊かな人間性と健全な心身の育成を基礎にクラブ活動を実践します。
(2)充実した高校生活を過ごせるようクラブ活動を奨励します。

4.人権教育の推進
(1)人権感覚あふれる学校づくりに努めます。
(2)生徒を主体として、地域と連携した人権教育を推進します。
(3)人権問題に対する正しい認識を深めるため、研修に努めます。

5.進路指導の充実
(1)生徒一人ひとりの個性や能力を生かした進路実現に努めます。
(2)地域社会と連携してキャリヤ教育の充実を図ります。
(3)進路希望実現の観点からも、基礎学力とコミュニケーション能力の向上に努めます。

6.環境の整備
(1)だれもが気持ちよく活動できる学校とするため、施設・設備を整え、環境美化に努めます。
(2)環境負荷を低減するため、ゴミの減量、分別、リサイクルに努めます。
(3)正しい倫理観に基づいた環境教育の実践に努めます。

Educational concept