学校長挨拶 of 三重県立四日市中央工業高等学校

IMG_0490.JPG


校長写真.JPGphoto : 学校長 岡村 芳成

 三重県立四日市中央工業高等学校のホームページへアクセスいただき、ありがとうございます。

 三重県立四日市中央工業高等学校は、昭和37年に、機械科、電気科、化学工学科、土木科の計4学科6クラスの工業高校として設立されました。その後、平成9年に設備システム科を新設、平成19年には土木科を都市工学科に改編して、現在、計5学科6クラスの工業高校として教育活動にあたっています。
さて、本校は、専門教育の向上に資するため、基礎学力の定着を目的とした様々な取組や指導方法の工夫・改善を行って、工業高校のものづくり教育の充実と資格取得に力を注いでいます。平成30年度には創立57年となり、これまで1万人を超える卒業生が地元企業を中心に技術者として就職し、四中工の誇りを胸に地域社会の中で活躍いただいています。
 また、本校は、進路指導におけるキャリア教育の充実に力を注いでいます。2学年全員にインターンシップを実施すること等、3年間を通して生徒の進路意識やモチベーションの向上を図っており、平成24年度にはその功績が称えられ文部科学大臣賞を受賞いたしました。
さらに、創立当時から文武両道、部活動にも力を注いでおり、運動系クラブではサッカー部・柔道部・水球部・ウエイトリフティング部、生産系クラブではロボット研究部が全国大会で活躍し実績をあげてくれていますが、それ以外の部活動もすべての部活動が、目標に向かって日々、練習に研究・制作活動に励んでいます。卒業生の中には、プロの選手や教員等の指導者として活躍している人も少なくありません。
 このように本校では、学校の特色を最大限に生かし、「誠実 努力 親切」の校訓のもと、「四中工はあなたの能力を伸ばします!」を合言葉に、教職員が一丸となって、学習者の視点に立ち生徒・保護者・地域の方々に信頼される学校づくりを進めています。
 みなさまには、今後とも本校へのご理解とご支援、ご協力をよろしくお願い申しあげます。

校長 岡村 芳成

Principal greeting