病気を治し 力をつけて 地元校へ
三重県で唯一の病弱の教育部門を設置する特別支援学校です。医療と連携して教育を進めています。隣接の独立行政法人国立病院機構三重病院で入院・治療しながら小学校中学校または高等学校の教育を受けることができます。病気が治り次第、学年の途中でも地元の学校に戻ることができます。また、中学部あるいは高等部を卒業して、高等学校あるいは大学や短大等への進学や、就職をすることもできます。三重大学医学部附属病院に入院中の児童生徒(小学生・中学生)は院内教室において訪問教育を受けることができます。病気が治って地域に戻るための支援も行っています。

  • 写真で見る緑ヶ丘
  • 校歌 1番
  •