三重県立かがやき特別支援学校 緑ヶ丘校
本文へスキップ

三重県立かがやき特別支援学校緑ヶ丘校は、独立行政法人国立病院機構三重病院に併設する学校です。

TEL. 059-232-1139

〒514-0125 三重県津市大里窪田町357番地

校長挨拶Principal's Greeting

校長挨拶

三重県立かがやき特別支援学校のホームページをご覧いただきありがとうございます。
当校は、国立病院機構三重病院に併設する県立緑ヶ丘特別支援学校と、津市城山にあった県立草の実リハビリテーションセンター併設の県立城山特別支援学校草の実分校、及び県立小児診療センターあすなろ学園併設の津市立小中学校あすなろ分校が、ここ津市大里の地に再編・統合され、平成29年4月に開校しました。
国立病院機構三重病院と三重大学附属病院に入院する子どもたちを対象とした緑ヶ丘校(本校)、子ども心身発達医療センターに入院する子どもたちを対象とした草の実分校とあすなろ分校の3校からなる病院連携学校群となっています。
併・隣接する国立病院機構三重病院、子ども心身発達医療センターと連携できる強みを生かし、医療・福祉・教育の多機関・多職種が連携する「チームかがやき」として、病気や特別な支援を必要としている子どもたちの多角的な支援を進めています。
当校では目指す子ども像として

  ○思いやりと優しい気持ちをもち、自他のいのちを大切にする子ども
  ○確かな学力と社会性を身につけ、生活の中で生かそうとするこども
  ○友だちと助け合い、知恵を合わせて課題を解決しようとする子ども

の3点を掲げ、医療等と連携した教育環境の中で、子どもたちが学びあい、教育活動全体をとおして学ぶ楽しさとわかる喜びを伝え、子どもたちが自分の願いや目標を達成できるように教職員一丸となって教育活動を進めています。
また、「チームかがやき」による支援は、県内の特別支援学校のセンター的機能を牽引する役割を担っており、教育相談をはじめとした地域支援、教育ライブラリーの設置、各種研修会の開催、情報発信等にも積極的に取り組んでいます。
平成が令和に改元される今年、開校3年目となる当校においても、ますます高まる特別支援教育のニーズを真摯に受け止め、一人ひとりの子どもたちの可能性を大切にした教育・支援を全力で進めてまいります。
校長 森井 博之

バナースペース

三重県立かがやき特別支援学校
緑ヶ丘校

〒514-0125
三重県津市大里窪田町357番地

TEL 059-232-1139
FAX 059-232-0104

小・中学部職員室 059-232-1105
高等部職員室   059-232-1136


三重大学医学部附属病院院内教室

〒514-0001
三重県津市江戸橋2丁目174番地
   三重大学医学部附属病院内
    TEL/FAX 059-231-5727

三重県立かがやき特別支援学校緑ヶ丘校