三重県立高等学校案内 レインボーメッセージ2019

HOMEサイトマップ

HOME > 各高校案内 > 三重県立尾鷲高等学校(定時制)

東紀州地域

三重県立尾鷲高等学校(定時制)三重県立尾鷲高等学校(定時制)

普通科


(4月 郷土の良さに触れる遠足)
30年度は尾鷲湾沿いの名所を巡りました。

 

所在地 尾鷲市古戸野町3-12
交通機関等

JR尾鷲駅下車徒歩15分

電話番号 0597-23-8504
FAX番号 0597-23-2788
教職員数 8名
生徒数 25名
URL http://www.mie-c.ed.jp/howase/
E-mail howasead@mxs.mie-c.ed.jp
学科名 1年次 2年次 3年次 4年次
普通科 2 0 4 2 4 4 5 4
合計 2 6 8 9
 
 

尾鷲高校定時制では、現在25人の生徒が在籍しています。今年度の科目履修生7人を含めると32人です。生徒の年齢構成は10代から40代までと幅広く、入学目的も様々です。

本校定時制は当初、「働きながら学ぶ学校」としてスタートしましたが、その後、生涯学習のためにと中高年の方が入学するようになり、近年では「静かにゆっくりと学ぶ」ことを求めて入学する生徒も増えてきています。

そこで本校定時制では、このような多様な生徒が卒業後、より豊かな社会生活を営むことができるよう、日常生活の中で面談と対話を重要視し、全教員で個々の生徒について対応するなど、一人ひとりを大切にした支援をしています。

◎尾鷲高校定時制の特色

  1. 授業や学級の多くは10人未満と「少人数」で、家庭的な雰囲気の中、一人ひとりの学力や目標に応じ、丁寧な学習指導を行います。
  2. 「単位制」を導入しています。4年間という修業年数にこだわらずに、自分の計画に従って単位を修得して卒業することができます。
  3. 「二学期制」を採用しています。短期間に集中して学習に取り組めます。また学期ごとに単位・卒業認定がおこなわれるため、9月と3月の卒業、4月と10月の転・編入が可能です。
  4. 漢字検定、英語検定等の合格による増加単位及び松阪高等学校通信制との定通併修等を利用し、卒業に必要な単位を修得することで「3年間」や「3年半」での卒業も可能です。
  5. 「実務代替」の制度を設けています。日常の仕事を「体験的学習」として位置づけ、年間1単位を「職業理解」という科目の修得単位として認定しています。(通算3単位まで)
  6. 春の遠足・スポーツ大会・文化祭など、学校行事も盛りだくさんです。修学旅行や工場見学などが行われる年もあります。

特に

○来春中学校卒業予定の方で、「静かにゆっくりと学ぶ」ことを大切にしたい方や、定時制の原点である「働きながら学ぶ」ことを考えている方

○中学校卒業後、事情があって高校には通っていないが、高校での勉強をしてみたい方

○仕事や家事などが一段落したため、かつて果たせなかった高校での勉強に今からでも取り組みたいとお考えの人生経験豊富な方

尾鷲高校定時制で私たちと一緒に学んでみませんか。

この高校の回答一覧へ
今までの回答と質問です
質問コーナーへ
回答は高校Q&Aに掲載されます。

↑上へ戻る

HOME高校入学案内高校を探そう各高校案内高校Q&Aサイトマップ


三重県教育委員会事務局高校教育課

〒514-8570 三重県津市広明町13番地

TEL(059)224-3002  FAX (059)224-3023

Copyright (C) 2018 Rainbow Message All Rights Reserved.