三重県立高等学校案内 レインボーメッセージ2018

HOMEサイトマップ

HOME > 各高校案内 > 三重県立四日市高等学校

北勢地域

三重県立四日市高等学校三重県立四日市高等学校

普通科国際科学


三重県立四日市高等学校1

三重県立四日市高等学校2

所在地 四日市市富田4丁目1-43
交通機関等

近鉄富田駅下車 徒歩1分

JR関西本線富田駅下車 徒歩9分

電話番号 059-365-8221
FAX番号 059-365-8222
教職員数 71名
生徒数 1078名
URL http://www.shiko.ed.jp/
E-mail mail@shiko.ed.jp
学科名 1年 2年 3年
普通科 140 140 136 142 140 140
普通科(国際科学コース) 47 33 45 36 49 30
合計 187 173 181 178 189 170
360 359 359

百年をこえる歴史と恵まれた環境の学校

●118年の歴史

1899年(明治32年)創立の本校は、平成29年度で百十八周年を迎えます。その間、約5万の卒業生を輩出し、国内外の各界で活躍しています。

●県内有数の進学校

県内有数の進学校として、生徒や保護者、地域の皆さんからあつい信頼を得ています。ほとんどの生徒が難関大学を中心とする国公立大学等への進学を希望しており、自己実現のために日々努力しています。

●恵まれた環境

急行停車駅である近鉄富田駅から徒歩1分、JR富田駅からも徒歩9分という県内でも最も通学に便利な学校です。電車が駅に到着すると、隣接してよく整備されたグラウンドや明るい色の校舎が目に飛び込んできます。

学力向上のための学習指導と学級集団形成

●二学期制、65分授業

生徒の皆さんの学習意欲を高めるため、学習指導とやる気のあるクラスづくりに積極的に取り組んでいます。授業は二学期制、一時限65分で実施し、校時を標準時間より15分長くすることにより、考える授業・深みのある授業を目指しています。さらに、実力試験や学習意欲調査、授業評価アンケートによる科学的分析に基づく授業改善も行っています。また、先生達も熱心で経験豊かな人が多く、きっと皆さんの自己実現をしっかりサポートしてくれるでしょう。

●充実した授業

四日市高校では、グローバル社会で活躍できる創造力豊かで市民性の高い人間形成を目指し、学習活動や部活動、学校行事などの特別活動に取り組んでいます。

本校の学習指導の中核はなんといっても授業です。中学校に比べ授業の進度は速いですが、生徒は毎日の予習・復習の時間を確保し、文字どおり文武両道を実践しています。先生への質問や、友人との共同学習・ディスカッションなどにより学習する意識が深まり、次の授業の充実につながっていきます。

また、多様化する進路希望に応えるため、2年生から文系と理系の類型を設け、目的の進路に応じた適切な教科・科目を学習できる教育課程を準備しています。特別活動では、さまざまな文化に対する関心を高め、豊かな人権感覚と広い視野をもちながら物事を深く考察することができる能力を養うことができます。

普通科、普通科国際科学コースとも東京大学、京都大学、大阪大学、名古屋大学などの難関国立大学や医学部への進学を希望する生徒が多く、生徒一人ひとりの希望する進路実現に向けて、1年生から系統だった指導が行われています。普通科国際科学コースでは、その高い意欲をさらに伸ばすために密度の濃い指導が準備されています。

●土曜学習会・夏期課外授業

土曜日には「土曜学習会」が催され、平素の授業内容でわからなかったところの指導からハイレベル模試の対策指導まで、幅広い対応が行われています。また、より進んだ学習のために、夏期課外授業が20日間ほど実施され、大きな成果を上げています。

希望する進路の実現   ※文中の( )は医学部医学科の合格者数

難関国立大学を中心に全国の大学に進学しています。平成29年度入試の結果は、東京大学14(1)名、京都大学15名、大阪大学17名、名古屋大学37(5)名、三重大学67(9)名など、329名の国公立大学合格者を出しています。また、私立大学は、慶応義塾大学27(2)名、早稲田大学23名などとなっています。


 平成29年度入試合格者数(過年度生を含む)

  国立大学 公立大学 私立大学 大学校 短大・他
合格者数 296 33 924 5 2
うち医学部医学科23名

充実した学校生活

学校生活の楽しみのひとつは学校行事と生徒会行事です。特に毎年9月に行われる四高祭は、生徒会の自主的な行事で、クラスや部が総力を上げて取り組み、四高生の創造力と団結力が発揮され、友達との連帯感を高める場になっています。

こんな行事が・・・

4月 新入生歓迎会
SGH講演会
10月 秋期休業
文化行事
修学旅行・遠足
5月 体育大会
SGH講演会
6月 前期中間試験
SGH講演会
実力(養成)試験
11月 SGH(英語)講演会
後期中間試験
7月 クラスマッチ
保護者会
課外授業
12月 後期中間試験
保護者会
人権学習等
海外フィールドワーク
8月 海外語学研修
課外授業
実力(養成)試験
1月 実力(養成)試験
9月 四高祭
防災訓練
前期末試験
2月 四高SGHスーパープレゼンテーション
マラソン大会
学年末試験
3月 クラスマッチ

文武両道の伝統

文武両道の伝統を受け継ぎ、部活動にも積極的に取り組み、充実した高校生活を実現させています。昨年度は、運動部では体操部が全国大会と東海大会に、テニス部・陸上競技部・卓球部・水泳部が東海大会に出場しています。また、文化部では、将棋部・放送部・SSH科学部・文芸部が全国大会、美術部が全国大会と近畿大会、バトン部・吹奏楽部が東海大会へそれぞれ参加、出場するなど、輝かしい成績を収めています。

四高にはこんな部活動が・・・

運動系 バスケットボール、硬式野球、テニス、ソフトテニス、バドミントン、剣道、陸上競技、サッカー、ハンドボール、柔道、卓球、水泳、山岳、ラグビー、体操、バレーボール
文化系 バトン、英語、SSH科学、SSH電氣、SSH生物、放送、新聞、茶道、ギター、吹奏楽、音楽、美術、書道、将棋、文芸、演劇、調理

スーパーグローバルハイスクール(SGH)事業の指定を受けています。

●「スーパーグ口ーバルハイスクール(SGH)」事業とは

文部科学省が平成26年度から始めた事業で、急速にグローバル化が加速する現状を踏まえ、社会課題に対する関心と深い教養に加え、コミュニケーション能力、問題解決力等の国際的素養を身に付け、将来、国際的に活躍できるグローバル・リーダーを高等学校段階から育成することを目的に平成28年度までに全国で123校を指定しました。5年間の指定期間の中で、国際化を進める国内の大学を中心に、企業、国際機関等とも連携を図り、グローバルな社会課題を発見・解決できる人材や、グローバルなビジネス社会で活躍できる人材の育成に取り組み、質の高いカリキュラムの開発・実践やその体制整備を進めます。

●四日市高校の取組

四日市高校では、研究開発名を「三重・四日市から世界へ!新たな価値を創造する国際人育成プログラム」とし、次のような研究開発を進めています。

  1. グローバル課題にかかる研究、論文作成を通して、全校体制でグローバル・マインドを育成する。
  2. さらに意識の高い生徒は学校設定科目「グローバル・リーダー学」を履修し、三重大学をはじめとする大学教員や企業人等、専門家からの継続的な指導を受けるとともに、海外フィールドワークを通し、課題研究を深化させる。
  3. 課題研究についての全校をあげた成果発表や、生徒主体のサークル活動等を通じて、生徒間の相互研鑽や実践につなげる。
  4. 外国人講師の指導により,課題研究テーマに関する内容について英語で討論を行う「白熱英語講座」を通して,グローバル・リーダーとしての資質を培う学習方法を研究する。
  5. 早稲田大学と連携し、市民性・社会性育成にかかる効果測定の尺度の開発を行うとともに、ソーシャルスキル等の確立にむけた改善取組を学校全体で進める。
この高校の回答一覧へ
今までの回答と質問です
質問コーナーへ
回答は高校Q&Aに掲載されます。

↑上へ戻る

HOME高校入学案内高校を探そう各高校案内高校Q&Aサイトマップ


三重県教育委員会事務局高校教育課

〒514-8570 三重県津市広明町13番地

TEL(059)224-3002  FAX (059)224-3023

Copyright (C) 2017 Rainbow Message All Rights Reserved.