三重県立高等学校案内 レインボーメッセージ2018

HOMEサイトマップ

HOME > 各高校案内 > 三重県立桑名北高等学校

北勢地域

三重県立桑名北高等学校三重県立桑名北高等学校

普通科


三重県立桑名北高等学校

所在地 桑名市大字下深谷部字山王2527
交通機関等 養老鉄道「下深谷駅」下車徒歩8分
電話番号 0594-29-3610
FAX番号 0594-29-3620
教職員数 65名
生徒数 688名(男子318名、女子370名)
URL http://www.mie-c.ed.jp/hnkuwa/
E-mail hnkuwaad@mxs.mie-c.ed.jp
学科名 1年 2年 3年
普通科 111 130 100 127 107 113
合計 241 227 220

【桑名北高の目指す姿】

目指す学校像:

優れた教育活動をとおして、地域に信頼される北高

育みたい生徒像:

社会人として、良い習慣を身に付けた北高生

主体的に学び続ける態度を養い、地域や社会に貢献できる北高生


ありたい教職員像:

「主体的・対話的で深い学び」を心がけ、授業改善に熱心に取り組む教職員

夢や希望する進路が保障できるよう、様々なデータの分析結果を共有し、「キャリア教育」に取り組む教職員


☆桑名北高はどんなところ?

交通アクセス 交通機関 近鉄JR桑名駅 乗り換え 養老鉄道(旧:近鉄養老線)10分 下深谷駅 下車徒歩8分 (参考、近鉄桑名〜近鉄富田間は7分)

グラウンドも広く、武道場、体育館、テニスコート(照明施設有り)、陸上競技場、黒土いっぱいの野球場。新しくなったコンピュータ室、充実した設備も私たちの誇りです。

☆進路に応じて多様な科目を選択・学習できる!

進路に応じたクラス編成を1年次から行うとともに、多様な科目を選択できるカリキュラムで整えています。

クラスは、四年制大学進学を目指す「カレッジクラス」と短大・専門学校等進学や就職を目指す「チャレンジクラス」に分かれます。


◆大学進学希望の人は・・・

志望校に応じて科目を選んで勉強ができるカリキュラムです。また、カレッジクラスは週2回7限目の授業を行います。


◆その他進学の人は・・・

進路別説明会などを参考に自分が進みたい進学先を決めたうえで、短期大学、各種専門学校などへの進学に向けて、自分の能力や適性にあったカリキュラムで学習します。


◆就職希望の人は・・・

インターンシップやみらいセミナー、基礎力診断テストなど充実したキャリア教育を行っています。


≪多様な選択科目≫

コミュニケーション授業、生活国語、日本史理解、世界史理解、生活数学、実践数学、生活化学、生涯スポーツ、簿記、ビジネス基礎、子どもの発達と保育、フードデザインなど


≪朝の学習や放課後学習≫

全ての学年において、朝の10分間を活用し「基礎学力の定着」や「ソーシャルスキルの習得」に取り組んでいます。また、7限目に授業や課外学習を行い、希望の進路実現を目指します。国・数・英を強化し、応用力の養成を図ります。


≪頑張る生徒へのバックアップ≫

学校で集中して勉強がしたい生徒のために、2007年から「学習室」を設けました。学習室は、学校で集中して頑張りたい生徒のためのベース(拠点)です。そして、生徒の自主的な居残り学習の場としても活用されています。


≪目指す資格≫

・情報処理技能検定1級・・・「情報処理」

・日本語ワープロ検定1級・・「情報処理」

・全商簿記実務検定2級・・・「簿記」

・パソコン検定・・・・・簿記パソコン部

※2012年度:日商簿記検定2級 1名合格、危険物取扱者乙種4類 1名合格

2013年度:日商簿記検定2級 1名合格

2015年度:日商簿記検定2級 2名合格

授業と放課後の課外学習と家庭学習の成果です!!

☆総合的な学習の時間「みらい」とは?

「みらい」の時間では、グループでさまざまな活動をすることを通して、自分をよりよく知り、相手とうまくコミュニケーションをとる力を養うことを目指しています。また、就職・進学に対応する実力を養う活動もしています。


【みらい(1)(1年次)のテーマ】

★言葉の花束(高校入学後の生活を振り返って、言葉を題材に「感謝」について考える)

★プロへの道(プロに学ぼう!その道の技、精神を)

★卒業生との懇談会

★インターンシップ


【みらい(2)(2年次)のテーマ】

★進路を考える(進路調べ、分野別見学会)

★平和ってなんだろう

★分野別体験授業

★グループワーク


【みらい(3)(3年次)のテーマ】

★いよいよ進路実現へ!

★自己PR講座・面接セミナー(自分を語れるか?)

★みらいセミナー

★社会生活についての学習

★マナーアップセミナー

☆コミュニケーション授業(2年次選択科目)

総合的な学習の時間「みらい」や、「プレコミュニケーション授業」を基礎に、さらに「コミュニケーション力」を発展させる授業です。その授業内容は、教室で行う「コミュニケーションワーク」と保育所での「わくわくコミュニケーション」に分かれます。

教室で行うワークには、自分を知るワークや、チームで協力について学ぶワークなどがあります。その中で自分や相手のさまざまな様子に「気づく」ことの大切さを学んでいきます。

また、「わくわくコミュニケーション」では、桑名市の子ども未来課や深谷保育所、多度保育所との協働により、保育園児との交流を行います。特徴的なのは、高校生と園児が1対1のペアを組み、年間20日近く関わり続ける実習です。

週1回の1〜4限の間、学校でのワークや保育所での交流を通じて、みんながわくわくしながら「コミュニケーション力」を高め、「親の体験」をしていきます。

希望する生徒が多いため、2011年度からは深谷保育所と多度保育所の2ヶ所に分かれて2クラス約80名が選択可能になりました。

全国から注目されテレビや新聞でも紹介された桑名北高校独自の授業です。

☆インターンシップ

*上級学校見学会(1年生希望者)

カレッジクラスの生徒を対象に、大学や専門学校の模擬授業・学食体験・施設見学等を体験し、大学の雰囲気に触れることで、大学への興味・関心と展望を開きます。

インターンシップ(大学見学会)

*職業体験(1年生全員)

1年生の生徒を対象に、地元の約60の事業所で、職業体験を行います。

働くことの喜びや社会の厳しさを体験するとともに、家族や学校の先生以外の働く大人と接することにより社会人としてのコミュニケーションの取り方を学びます。

インターンシップ(職業体験)

☆『北高祭』−体育の部・文化の部―2015年度

【体育の部プログラム】

・綱引き・4人5脚・100m走・玉入れ競争・障害物競走・クラブ対抗リレー・大縄跳び・クラス対抗12人リレー


【文化の部プログラム】

・模擬店(焼きそば、クレープ、チョコバナナ、カラアゲなど)・ダンスパフォーマンス・吹奏楽部公演・ファッションショー・お化け屋敷・迷路・PTAカレー&おでん など

☆部活動紹介

【運動部】

・陸上競技・硬式野球・硬式テニス・バスケットボール・サッカー・バドミントン・バレーボール・卓球・柔道・ダンス・ワンダーフォーゲル


【文化部】

・吹奏楽・美術・書道・文芸・放送・茶道・クッキング・簿記パソコン・写真・アニメ・ヒューマンライツ・演劇

※吹奏学部は、平成20・21年、「三重県吹奏楽コンクールC編成の部」で優勝しました。


あなたも桑名北高校でよい友人と先輩に恵まれた楽しい高校生活を!

平成29年度中学生学校説明会

第1回 8月19日(土)  第2回 10月21日(土)

ぜひ多数の参加をお待ちしています。

この高校の回答一覧へ
今までの回答と質問です
質問コーナーへ
回答は高校Q&Aに掲載されます。

↑上へ戻る

HOME高校入学案内高校を探そう各高校案内高校Q&Aサイトマップ


三重県教育委員会事務局高校教育課

〒514-8570 三重県津市広明町13番地

TEL(059)224-3002  FAX (059)224-3023

Copyright (C) 2017 Rainbow Message All Rights Reserved.