三重県立高等学校案内 レインボーメッセージ2018

HOMEサイトマップ

HOME > 各高校案内 > 三重県立桑名高等学校

北勢地域

三重県立桑名高等学校三重県立桑名高等学校

普通科理数科看護衛生科


三重県立桑名高等学校

所在地 桑名市大字東方1795番地
交通機関等 JR・近鉄桑名駅より徒歩10分
電話番号 0594-22-5221
FAX番号 0594-22-5022
教職員数 86名
生徒数 1160名
URL http://www.kuwana-h.ed.jp
E-mail post@kuwana-h.ed.jp
学科名 1年 2年 3年 専攻科1年 専攻科2年
普通科 142 139 141 140 122 159        
理数科 29 11 26 14 24 16        
衛生看護科 0 40 0 40 0 40 1 38 0 38
小計 361 361 361 39 38
合計 1160

☆教育環境・校風等

校舎は、桑名市内のほぼ中心部に位置し、揖斐・長良川や伊勢湾を見下ろす閑静な高台にあります。近隣の旧桑名藩の旧跡は、落ち着いた学校の校風にも大きな影響を与えております。学習や部活動等、教育環境に優れた立地条件を兼ね備えた地にあります。

平成21年に桑名高等学校は創立100周年を迎えました。

☆桑名高校の基本理念

普通科、理数科、衛生看護科、衛生看護専攻科および定時制課程を設置する独自の特色を生かして、「桑名から強くはばたく人づくり」を学校の基本理念とします。


(1)普通科・理数科

○高い学力、豊かな心を培って、社会でリーダーシップを発揮できる創造性豊かな生徒を育成します。大学進学をはじめ多様な夢の実現に向けて、全校あげて取り組みます。理数科では先進的な取り組みを重視して科学技術立国のリーダーと成り得る人材の育成を目指します。


○平成29年度入試では、国公立大学合格者数が158名(過年度生14名を含む)でした。

主な合格先は、東北大学2名、筑波大学2名、埼玉大1名、千葉大2名、お茶の水女子大1名、一橋大1名、横浜国立大3名、首都大学東京1名、富山大学1名、福井大学6名、信州大学10名、静岡大学7名、愛知教育大学7名、名古屋大学15名、名古屋工業大学3名、名古屋市立大学13名、愛知県立大学3名、岐阜大学7名、岐阜薬科大1名、三重大学32名、三重県立看護大3名、滋賀大1名、京都大学1名、京都工芸繊維大1名、大阪大学1名、大阪府立大学1名、神戸大学2名、岡山大学1名、広島大3名、九州大1名です。私立大学へは、自治医科大2名、早稲田大学1名、東京理科大学12名、同志社大学22名、立命館大学43名、南山大学130名など、過年度生を含めてのべ883名が合格しました。理数科は、現役での国公立大進学率が過去3年の平均で60%の高率を誇り、京都大学、名古屋大学、三重大学医学部医学科など難関大学へ多くの合格者を輩出しています。


(2)衛生看護科・衛生看護専攻科

○平成23年4月より桑名高等学校衛生看護分校は、桑名高等学校衛生看護科として本校に移転しました。昭和49年に地域の医療の発展と充実の期待のもとに設立された県立唯一の学科です。衛生看護分校から受け継がれてきた「慈恵の心」を継承し、心身ともに健全で、優れた看護サービスを提供できる人間性豊かな看護師の育成を目指します。


○衛生看護科は本科(衛生看護科)3年間および専攻科(衛生看護専攻科)2年間の5年間一貫教育で、看護師国家試験の受験資格が得られる最短コースです。

○看護師国家試験の合格率は、平成25年度卒97%、平成26年度卒100%、平成27年度卒97.7%、平成28年度卒100%となっています。

○就職状況は、桑名西医療センター、桑名東医療センター、三重県総合医療センター、四日市羽津医療センター、いなべ総合病院、北勢病院、鈴鹿病院、海南病院など、在学中に看護実習を行った病院をはじめ、多くの病院に就職しています。また、就職希望者の就職率は100%となっています。

☆桑名高校の生徒

○衛生看護分校の本校移設に伴い、平成23年4月より、普通科・理数科そして衛生看護科(本科・専攻科)の生徒が一堂に会して、日々の学習や部活動に取り組んでいます。

○多くの生徒が放課後の課外・土曜課外・夏期課外などのほか、「土曜開放」も利用し、自学自習に励んでいます。

○「文武両道」の気概をもって多種多様な部活動にひたむきに取り組む生徒の姿があちらこちらで見られます。全国大会や東海大会に多くの部が出場し、活躍しています。

(1)運動系部活動(21クラブ)

陸上競技・硬式野球・軟式野球・ソフトボール・水泳・柔道・剣道・空手道・硬式テニス・ソフトテニス・バレーボール・バスケットボール・卓球・ハンドボール・ラグビー・バドミントン・山岳・サッカー・体操・ボウリング・ダンス


(2)文化系部活動(13クラブ)

バトン・放送・新聞・吹奏楽・演劇・書道・美術・英語・クッキング・茶道・自然科学・邦楽・競技かるた

 

(3)同好会(4同好会)

オカリナ・文芸・軽音楽・囲碁将棋同好会

【卒業生の声】 中学生のみなさんへ 桑高卒業生からのメッセージ

○桑高の良いところとして、次の二つの雰囲気をあげたいと思います。一つ目は、勉強でわからないところを気軽に質問しあえる雰囲気です。高校に入ると勉強でつまづくこともありますが、たいていは友達と一緒に考えて解決できます。もちろん、職員室もつねにオープンで、先生も喜んで教えてくれます。先生の丁寧な指導は、受験期に大きな大きな支えとなりました。二つ目は、なんでも楽しんでみようとする明るい雰囲気です。秋に行われる桑高祭は、毎年ものすごい盛り上がりを見せます。一年生のとき、市民会館にあふれる熱気に圧倒された記憶があります。二日目は一般公開をしているので、訪れてみて雰囲気を味わってみてはいかがでしょうか。中学生のみなさん、人間的に大きくなれること間違いなし!桑高の一員になりませんか?

平成27年度卒業生(普通科) 京都大学 経済学部在学

○桑名高校、勉強と行事のメリハリがしっかりしています。勉強をするべき時はしっかり勉強して、桑高祭やスポーツ大会などの行事の時はみんなで団結して楽しめます。行事は本当に楽しいものばかりでとても良い思い出になりました。また、桑高の先生は、授業がとてもわかりやすくて、授業を受けるのが楽しかったです。また、先生に質問をしやすい雰囲気なので、学校でほとんどのことを解決することができました。私は理数科だったので、3年間クラス替えがなく、クラスのみんなと仲良くなれました。理数科合宿や理数科研修では実験をしたり楽しく遊んだりして、様々なことを経験できました。桑高に入学したら、絶対楽しく高校生活を送れると思います。

平成27年度卒業生(理数科) 名古屋大学 工学部在学

○私は看護師1年目で、脳外科と神経内科の混合病棟で働いています。私は、衛生看護科で同じ夢を持つ仲間と出会い、たくさんの思い出ができました。大変だった実習や国家試験も仲間と一緒だったので、患者様と関わる中で、看護という仕事の責任とやりがいを実感しています。ぜひ、衛生看護科で素敵なナースを目指してください。

平成27年度 衛生看護専攻科卒業生

この高校の回答一覧へ
今までの回答と質問です
質問コーナーへ
回答は高校Q&Aに掲載されます。

↑上へ戻る

HOME高校入学案内高校を探そう各高校案内高校Q&Aサイトマップ


三重県教育委員会事務局高校教育課

〒514-8570 三重県津市広明町13番地

TEL(059)224-3002  FAX (059)224-3023

Copyright (C) 2017 Rainbow Message All Rights Reserved.