本文へスキップ

三重県立宇治山田高等学校はあなたの進路を実現する学校です。

校長挨拶KOUTYOU

校長挨拶

三重県立宇治山田高等学校 学校長 

 学校の正門から十数メートル入った校舎の横に、本校の前身である宇治山田中学校と宇治山田高等女学校の門柱が立っています。その隣には、宇治山田中の卒業生である竹内浩三が、当時の宇治山田中の様子を描いた詩碑があります。
 明治32年に三重県第四尋常中学校として産声を上げ、三重県立第四中学校となり、大正8年に三重県立宇治山田中学校、昭和23年には宇治山田高等女学校と統合し三重県宇治山田高等学校、そして昭和30年に三重県立宇治山田高等学校となりました。創立以来、数多の卒業生を輩出し、その人材は日本中、世界中で活躍しています。

 私がまだ子どもの頃、伊勢の町のことを「山田」といっていました。伊勢市駅はありましたが、伊勢に出かけることを「山田へ行く」といって、駅前の百貨店での買い物や、食堂(当時は、レストランというより食堂といった方がぴんとくるような気がします)で何か食べることが楽しみでした。
 「山田」という言い方ですが、現在近鉄の駅に「宇治山田」駅があり、JRの駅に「山田上口」駅があります。伊勢神宮外宮周辺を「山田」と言い、本校は外宮を取り囲む神宮林と接した場所にあります。また、伊勢神宮内宮周辺を「宇治」と言い、宇治という表現は、「宇治○○町」など内宮近くの地名にいくつかあります。
 そういうことで、このあたりはその昔、宇治山田町、宇治山田市であり、本校は、その名前の通り「宇治山田中学校・宇治山田高等女学校・宇治山田高等学校」として続いてきました。

 今、生徒たちは勉学に励み、クラブ活動に熱心に取り組んでいます。この生徒たちの将来には、希望があり夢があります。生徒たちと教職員が一丸となって、その夢と希望が実現できるよう頑張っている、それが宇治山田高校です。


バナースペース

三重県立宇治山田高等学校

〒516-0062
三重県伊勢市浦口3丁目13−1

TEL 0596-28-7158
FAX 0596-28-7150