京都大学学びコーディネーターによる出前授業を実施しました

10月30日

昨日、本校の1年生・2年生を対象に、京都大学の出前授業が行われました。京都大学が高大接続・高大連携活動の一環として、全国的に展開している学びコーディネーター事業に申し込み、生徒の探究活動の発表の質を高める講座をしていただきました。

講師の、京都大学大学院 情報学研究科 知能情報学専攻 認知情報学分野 博士後期課程 樋田智美様です。

 

 

 

 

 

「How to power up scientific presentation」と題して、科学プレゼンテーションにおける研究倫理やパワーポイント表現のテクニックについてお話ししてもらいました。

 

 

 

 

 

 

途中、事前に生徒から採った質問にも答えてもらいつつ、プレゼンテーションの様々な事例を紹介していただきました。

 

 

 

 

 

 

11月20日(水)には1年生が「ポスターセッション」、2月12日(水)には2 年生が「みらいプロジェクト発表会」として、本校の探究活動「みらい探究」の成果発表を行います。今回の出前授業で、発表に向けてのいろいろなヒントを得ることができました。樋田さん、ありがとうございました!