三重大学生活体験講座

三重大学生活体験講座

8月17日(木)18日(金)に、津市にある三重大学で「三重大学生活体験講座」が行われました。上野高校からは1年生普通科生徒全員が参加しました。

 

 

 

 

 

 

この行事は大学が身近にない伊賀地区の高校生のために地区進路指導協議会によって始められた行事が元で、現在は県教委主催で松阪高校と合同で行っています。

山本俊彦理事による開校式の後、三重大学生による大学生活の紹介が行われました。その後8月17日は人文学部、医学部看護学科、教育学部、18日は工学部、生物資源学部による学部紹介、模擬授業、大学院生の研究内容発表が行われました。

 

 

 

 

 

 

教育学部の体験授業では幼稚園で子どもが「遊び」の体験を通じて「学び」を深めていることについて考えました。また生物資源学部の体験授業では、日照時間と気温が稲の等級にどう影響しているかについて考えました。

参加した生徒は「三重大学の色々なことが知れて、三重大学に来たくなった」「物理に興味があるので、難しいところがあったけど面白いと思った」など、大学生活の様子や大学の学問について触れることができ、将来について考えるよい機会になりました。