三重大学伊賀研究拠点 夏の科学実験実習

今年度は「食と健康~しおを題材に~」という内容で実験実習を行った。

 

1日目(7月31日):三重大学伊賀研究拠点

食品に含まれる塩分と味覚の関係を調べた。

 

 

 

 

 

    〈実験実習の流れ〉          〈味噌汁作成中〉

 

久松先生による講義「食べることを正しく理解しよう」

 

 

 

 

 

 

ビュレットの作成と滴定実験の練習

    

 

 

 

 

    <実験器具を確認中>       <ビュレット作成中>

 

 

 

 

 

 

  <滴定の練習中 その1>      <滴定の練習中 その2>

 

2日目(8月1日):三重大学伊賀研究拠点

食品に含まれる塩分の測定

 

 

 

 

 

    <測定する調味料>        <塩分の測定中 その1>

 

 

 

 

 

 

  <塩分の測定中 その2>       <塩分の測定中 その3>

 

磯部先生による講義「望ましい食生活について」

 

 

 

 

 

 

 

3日目(8月4日):本校図書館・会議室

発表準備

 

 

 

 

 

   <班内で意見交換>         <ポスター作成中>

 

発表

 

 

 

 

 

   <発表中 その1>        <発表中 その2>

 

 

 

 

 

 

    〈発表中 その3〉        〈発表終了後の講評〉

 

生徒の感想

・普段は使えない器具を使って実験ができて楽しかった。発表のとき、みんなの説明の仕方がわかりやすくて、おもしろかった。自分ももっと説明をうまくできるようになりたい。

・本格的に三重大学の研究拠点で実験をしたり、大学の先生の講義を聴いて、とても多くの勉強になりました。ビュレットを作成したり、難しい実験を経験できて、将来への視野も広がったし、楽しかったです。

・全体的に初めての経験で難しいところもありましたが、良い経験となりました。理数科に入って良かったです。

・摂り過ぎが問題視されている食塩についてや、普段の食生活について知ることができて良かったです。これからの食生活の改善に取り組んでいきたいと思いました。

・新しいことを多く知れて良かった。レポートの発表の時間では、もう少し上手にできるようになったり、質問をできるように頑張っていきたい。

 

三重大学の先生や学生の方々のおかげで、色々な経験をすることができた。その経験を今後の活動に活かして行きたいと思います。

 

なお、伊賀研究拠点のWebページでも実験実習の様子が公開されています。興味のある方は以下のリンクをクリックしてください。

伊賀研究拠点 夏の実験実習について(外部ページ)