上高ニュース一覧

2学期終業式

2019年12月23日

本日(12月23日)、2学期の終業式が挙行されました。

まず、後期生徒会役員の認証式が行われ、改めて生徒会長の挨拶がありました。

 

 

 

 

 

続いて、掃除キャンペーンの表彰と、部活動の表彰伝達式が行われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に、松井校長先生の式辞です。「いのちを大事にする」というメッセージとともに、年明けの始業式にみんなで元気に出会いましょうとのお話をいただきました。

 

 

 

 

 

冬休みも勉強に、部活動にと、学校を利用する人が多いと思います。よい年末年始をお過ごしください。

みらい探究F ミニ発表会を実施しました。

2019年12月20日

12月17日(水)

2年生普通科「上高みらい学(みらい探究F)」の授業で、ミニ発表会が実施されました。

2月にある「みらいプロジェクト発表会」に向けて、各グループがカテゴリごとに現在の調査状況を報告しました。

聞いている人が理解しやすい発表であることも大事な条件です。それぞれが新たな課題が見つかったと思いますので、次回以降の探究活動につなげていってほしいと思います。

 

 

 

理数科課題研究 成果発表報告会を実施しました。

2019年12月20日

12月13日(金)午後

本校視聴覚教室にて、理数科2年生「課題研究」最終発表会を行いました。
「自ら課題を設定し、解決方法を探り、実験し、考察する。また、その考察から得られた気づきに基づき、再実験・再考察する」過程を通して、思考力・判断力・表現力を養成する為に4月からじっくりと取り組んできました。

今年は、以下のテーマについて、8班の研究発表が行われました。
A班:泥水を飲み水に
B班:水飴の追究
C班:ふわふわのスポンジケーキを焼く
D班:糸D_光の色が植物に与える影響
E班:納豆の追究
F班:ペットボトルロケットで空を飛ぶ
G班:ミルククラウン~神秘的な現象を追求~
H班:紙飛行機の追求Ⅲ

各班とも8か月余りかけて実験と仮説の検証、考察を繰り返し、一生懸命取り組んできた成果をパワーポイントにまとめて熱心に発表していました。審査の結果、E班の「納豆の追究」が最優秀に選ばれました。

また、1年理数科の生徒も夏休みに取り組んだ実験実習「糖度と酸度」について発表しました。