規約キヤク
ダイジョウ 名称メイショウオヨ所在地ショザイチ
ホンクラブは『フットボールクラブW1(FCW1と略称リャクショウする)』ショウする。
事務局ジムキョク代表ダイヒョウシャタクく。
ダイジョウ 目的モクテキ
サッカーをツウじて、スポーツという創造的ソウゾウテキ行為コウイ技能ギノウ習得シュウトク習熟シュウジュクや、技術的ギジュツテキ戦術的センジュツテキ工夫クフウ
することなど)や、競争キョウソウ協力キョウリョクという人間的ニンゲンテキ交流コウリュウ(ふれあい)のナカに、きがいをしたり、
目標を達シゲルするための自己ジコ実現ジツゲンヨロコびを経験ケイケンし、青少年セイショウネン健全ケンゼン育成イクセイハカり、地域チイキ社会シャカイのスポーツ
文化の構築に寄与キヨする。
ダイジョウ 目標モクヒョウ
タカいスキルの習得シュウトクと、創造性ソウゾウセイアフれたサッカーの実現ジツゲン』をめざし、サッカーのタノしさを共有キョウユウし、
人的ジンテキ青少年セイショウネン発達ハッタツ希求キキュウする。
ダイジョウ 事業ジギョウ
ダイジョウ目的モクテキ達成タッセイするため、ツギ事業ジギョウオコナう。
 (1)日本ニホンサッカー協会キョウカイ三重県ミエケンサッカー協会キョウカイ津市ツシサッカー協会キョウカイ主催シュサイする事業ジギョウへの参加サンカ
 (2)サッカーの普及フキュウ充実ジュウジツハカ事業ジギョウへの参加サンカオヨ実施ジッシ
 (3)遠征エンセイ合宿ガッシュク大会タイカイ実施ジッシ
 (4)その必要ヒツヨウ事業ジギョウへの参加サンカオヨ実施ジッシ
ダイジョウ 入会ニュウカイ資格シカク
ホンクラブに入会ニュウカイできるモノは、下記カキサダめられた資格シカク該当ガイトウし、規約キヤク遵守ジュンシュするモノとする。
(1)スポーツをアイし、理解リカイできること。
(2)サッカーにタイする情熱ジョウネツち、向上心コウジョウシンがあること。
(3)学業ガクギョウとサッカーの両立リョウリツ心掛ココロガけ、努力ドリョクできること。
(4)親権者シンケンシャ許可キョカモノであること。
(5)加盟カメイ登録トウロクホンクラブでオコナうこと。
(6)ツネ感謝カンシャ気持キモちをユウすること。
ダイジョウ 会費カイヒ
クラブ運営費ウンエイヒとしてクラブがサダめる会費カイヒオヨ登録トウロクリョウオサめること。
 (1)会費カイヒは1ヶゲツたり6,000エンサダめる。
 (2)原則ゲンソクとして4ヶゲツゴトに24,000エンを4ツキ・7ツキ・11ツキ納入ノウニュウする。タダし、同月ドウゲツアニオトウト在籍ザイセキ
  している場合バアイは、二人フタリより1ヶゲツ5,000エンとする。
 (3)会費カイヒ不足フソクショウ運営ウンエイ支障シショウをきたす場合バアイには、臨時リンジ会費カイヒ徴収チョウシュウすることが出来デキる。
 (4)遠征エンセイ合宿ガッシュク・ユニフォーム・ジャージトウ費用ヒヨウは、その都度ツド納入ノウニュウすること。
 (5)会計カイケイ年度ネンドは、4ツキより翌年ヨクネンツキ31とし、監査カンサ報告ホウコクオコナう。
ダイジョウ 退会タイカイ
退会タイカイする場合バアイには、その前月ゼンゲツまでに選手センシュオヨ親権者シンケンシャ書面ショメンによりモウるものとする。そのサイオサメ
された会費カイヒ返金ヘンキンオコナわないものとする。
ダイジョウ 保険ホケン加入カニュウ
会員カイイン入会ニュウカイとともに傷害ショウガイ保険ホケン加入カニュウすることとし、加入カニュウ手続テツヅきはスベホンクラブでオコナう。傷害ショウガイ事故ジコ
の場における補償ホショウオヨ責任セキニン保険ホケン会社ガイシャ約定ヤクジョウトオりとする。
ダイジョウ 事故ジコへの対応タイオウ
指導者シドウシャは、活動中カツドウチュウ事故ジコ防止ボウシ最大限サイダイゲン注意チュウイハラうものとするが、不幸フコウにして事故ジコショウじた場合バアイ
は、応急オウキュウ処置ショチオコナうが、それ以上イジョウについては一切イッサイ責任セキニンわないものとする。
ダイ10ジョウ 除名ジョメイ
会員カイイン選手センシュオヨ親権者シンケンシャが、ツギ事項ジコウ該当ガイトウする場合バアイは、除名ジョメイすることが出来デキる。
 (1)ホン規約キヤク違反イハンしたとき。
 (2)ホンクラブの名誉メイヨ品格ヒンカクイチジルしくソコなう行動コウドウ言動ゲンドウがあった場合バアイ
 (3)会費カイヒ滞納タイノウオヨ納入ノウニュウ意志イシがないとみなしたとき。
ダイ11ジョウ 免責メンセキ
会員カイイン選手センシュ親権者シンケンシャ)は、ホンクラブにおける盗難トウナン傷害ショウガイその事故ジコタイして、ナン損害ソンガイ賠償バイショウ
モトめない。
ダイ12ジョウ 附則フソク
ホンクラブは必要ヒツヨウオウじ、随時ズイジホン規約キヤク改正カイセイすることができるとともに、ホン規約キヤクサダめのない事項ジコウ
についても細則サイソクサダめることができる。
附則フソク)この会則カイソクは、2009ネンツキから施行セコウする。