『地域と歩むものづくり』


地域と歩むものづくり

 本校は、「地域と歩むものづくり」を合言葉に、地域と学校の連携・協力により、「 ものづくり 」の技術・技能を身につけた人間性豊かな職業人を育成することのできる、地域に根ざした専門高校を目指しています。そのための取り組みの1つとして昨年度も、多くの企業様のご協力を得て、日本版デュアルシステムとインターンシップを実施し、生徒の職業観・勤労観を育成することができました。

 また、桑工三原則「挨拶、身だしなみ、きれいな学校」を徹底し、規律正しい高校生活が送れるよう指導を行っています。
これらにより、地域の企業様から高い評価をいただき、景気回復が一向に進まず就職難が問題になっている今日ですが、昨年度も早期に就職希望者全員に内定を頂くことができました。

 本校は、平成28年度で、創立56周年目を迎えました。
この伝統を受け継ぎ、生徒たちは、校訓「立志」のもと、学習や学校行事、クラブ活動など、すべてにおいていきいきと学校生活を送っており、様々な資格取得や大会などで大いに成果をあげています。

 桑名工業高等学校の益々の発展のため、今後とも、努力を続けてまいりたいと存じます。地域の皆さま、卒業生の皆さま、ご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。

三重県立桑名工業高等学校 
校長 和田 健治

School principal greeting