学校要覧

|学校長より|学校経営方針・学校マネジメントシート学校評価報告書教育目標沿革教育課程学校組織スクールバス施設紹介

学校長より

    

 

    
    三重県立特別支援学校北勢きらら学園のホームページをご覧いただきありがとうございます。
    4月から校長として着任しました渡辺宏泰です。よろしくお願いします。

    本校は四日市北西部の郊外に位置し、北勢地域の肢体不自由の障がいのある児童生徒が学ぶ学校です。
    平成9年4月に三重県立養護学校北勢きらら学園として開校し、平成19年4月には三重県立特別支援学校
    北勢きらら学園と改め、本年度で22年目を迎えました。本年度は小学部49名、中学部29名、高等部28名
     の計106名の児童生徒でスタートし、三重県産木材を使用した素敵な木造校舎と緑豊かな校庭において、
    四季の変化を肌で感じながら学校生活を送っています。

    「児童生徒一人ひとりが、快適に学び、確かな成長・発達を遂げそれぞれの個性に応じた自立と社会参加が
    実現できるように支援する学校」「特別支援教育の専門性の向上を図り、地域におけるセンターとしての機能
    を発揮できる学校」を目指す学校像として、教育活動を展開しています。
    保護者、地域の学校、関係機関との連携、地域の方々との結びつきを大切にして、児童・生徒が安心して学
     び、保護者、地域から信頼される学校となるよう、教職員が「チーム」として取組を進めてまいります。
    
    本年度も北勢きらら学園の教育活動に、更なるご支援とご協力をいただきますようお願いいたします。

                                                  平成30年4月
                                         三重県立北勢きらら学園 渡辺 宏泰