きららトップページへ

 トップ学校通信目次>学校通信

「北勢きらら学園いじめ防止基本方針」について

 北勢きらら学園は、「いじめ防止対策推進法」、「いじめの防止等のための基本的な方針」、並びに「三重県いじめ防止基本方針」を踏まえ、「北勢きらら学園いじめ防止基本方針」を策定しました。

 いじめは決して許される行為ではありません。いじめはいじめを受けた児童生徒の教育を受ける権利を著しく侵害し、その心身の健全な成長及び人格の形成に重大な影響を与えるだけでなく、その生命または身体に重大な危険を生じさせるものです。

いじめの問題の解決に当たっては、未然防止、早期発見及び早期対応が重要と言えます。きらら学園では、いじめ防止を推進するための体制づくりを進めています。以下に、「北勢きらら学園いじめ防止基本方針」の一部を要約したものを掲載します。

 

 ◯いじめの防止等に関する基本的な考え方

  ・いじめ防止のため日頃から学校教育全体を通じて、豊かな心や道徳性、自律性をはぐくむことにより、児童生徒の将来における自己実現を可能にするための力を育成します。

  ・いじめが、いじめられた児童生徒の心身に深刻な影響を及ぼす許されない行為であることについて、児童生徒が十分に理解できるよう取り組みます。

  ・学校、家庭、地域が一体となって子どもたちを見守りながら、いじめの兆候を早期に発見し、速やかに対処できるように取り組みます。

 ◯いじめ防止等の対策のための組織とその役割

  ・いじめ防止委員会を設置し、いじめの疑いがあるような行為が発見された時には、速やかに必要な調査を行い、事実関係の有無を確認して認知を行っていきます。いじめ防止委員会は、いじめに対する学校の組織的対応の中核を担い、当該いじめの解消に至るまで、いじめ防止委員会を中心として対応し、いじめの防止対策および教職員への研修を推進していきます。

 ◯生徒指導(教育相談)体制

  ・学期に1回以上の調査・確認(学期末懇談等を含む)を実施し、いじめ防止委員会に報告するとともに個別面談等の必要な対応を行います。

  ・外部のスクールカウンセラーや教育相談専門員等の活用を図っていきます。

 ◯未然防止の取組

  ・いじめの防止に資するため、全ての教育活動を通じた道徳教育の充実を図っていきます。人権教育活動の充実を図り、互いを認め合う集団づくりに努めます。わかる授業を創造するため、公開授業を計画的に実施します。

 ◯早期発見の取組

  ・いじめの疑いに関する情報や児童生徒の問題行動などに係る情報の収集と記録、共有を行い、児童生徒の実態把握に努めます。いじめが疑われる事例には、迅速かつ適切に必要な調査を行います。

  ・いじめ防止委員会は、いじめの疑いに係る情報があった時には緊急会議を開き、情報の迅速な共有、関係児童生徒等への事実関係の聴取等を行い、実態を把握します。

 ◯いじめの対処

  ・いじめの発見や通報を受けた場合、いじめ防止委員会を中心に速やかに組織的に対応し、教職員全員の共通理解、保護者の協力、関係機関や専門機関との連携のもとで取り組むとともに、いじめを受けた児童生徒やいじめを知らせてきた児童生徒の安全を確保します。

  ・いじめが犯罪行為に該当する場合には、所轄警察署と連携して対処するなど適切に関係機関との連携を図るものとします。

 

 

 11月行事予定表  はこちら

11月行事予定表 はこちら