きららトップページへ

 トップ学校通信目次>学校通信

学校通信きらきら200号 初心に立ち返る機会に

 「学校通信きらきら」が200号を迎えました!! 記念すべきことです。平成9年に「三重県立養護学校北勢きらら学園」として開校し、平成19年には「三重県立特別支援学校北勢きらら学園」と校名を変更しましたが、「北勢きらら学園」としては、17年目を迎えています。

 先日の6月4日(火)が創立記念日で、給食では「あずきご飯」で気持ちばかりのお祝いをしました。

 開校17年目という時間、そして、200号発行という積み重ねに、北勢きらら学園の歴史と使命、児童生徒・卒業生・保護者・教職員の熱い想いがあることを感じずにはいられません。本校の「学校案内」に「めざす学校像」が4点あげられています。

 〇児童・生徒を主人公とする学校

 〇児童・生徒が楽しく、快適に学べる学校

 〇児童・生徒が確かな成長・発達を遂げられる学校

 〇児童・生徒の自立と社会参加が実現できる学校

 この4点は、「言うまでもなく当たり前のことでしょう」と捉えることもできます。けれども、この当たり前なことの実現は、当たり前故にとても難しい事柄であり、「つい忘れてしまう」ということになりやすいものでもあります。常に意識している必要があると言えます。

 この200号発行は、この「めざす学校像」を再確認する機会をもたらせてくれたように感じています。先人の積み重ねが、再確認する機会に導いてくれたように感じています。

 初心に立ち返って、この「めざす学校像」に向けて全力を尽くして参りますので、これからもご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

梅雨の真っただ中 熱中症・食中毒に注意を

 梅雨の真っただ中,蒸し暑い日が続きます。近年の梅雨は,豪雨のような雨が突然降ることがあります。地球温暖化の影響があるのかなと思う時がありますが‥。このような天気は子どもたちの通学や学校での様々な活動に支障を来すことがあるので,早く梅雨が明けてほしいと願っている毎日です。

 暑さの方もこれからが本番となっていきます。これからの季節は,子どもたちが熱中症にならないように,今まで以上に水分摂取について気を付ける必要があると考えています。また,保護者の方も私たちも,暑さでバテないようにお互いに気を付けていきましょう。

 この時期は食中毒も心配となってきます。ラコールやエンシュアなどの経腸剤や水分ゼリーなどは、保冷剤を使用の上、開封済みのものを登下校で持ち歩くことのないようにお願いします。校内で食中毒が発生しますと、給食もすべてストップしてしまうことになりますので、特に留意してください。

期末懇談について

 1学期もあとわずかとなり、担任と保護者との懇談会を計画しています。1学期の間で、子どもたち一人ひとりの目標に向けて、どれだけの成長が見られたか、これからの課題は何かを、期末懇談会を通して考えたいと思います。

 お忙しい折ですが、出席をお願いします。各学部の期末懇談日程は、裏面の行事予定で確認してください。

 なお,期末懇談の詳細に関しましては,担任または各学部からお知らせがあると思います。

 7月行事予定表  はこちら

7月行事予定表 はこちら