きららトップページへ

 トップ学校通信目次>学校通信

冬休み、元気にお過ごしください!

 今日は2学期の終業式。明日から冬休みに入ります。今学期は、「修学旅行」、「きららまつり」など大きな行事がある中で、インフルエンザの流行も心配されましたが、風邪の蔓延防止や体調管理にご理解、ご協力をいただき、本校では発生することなく2学期を終えることができました。ありがとうございました。 

 「修学旅行」、「きららまつり」など盛りだくさんの2学期でしたが、その一つ一つを通して、子どもたち自身が様々な体験を重ね、心を動かし、ひと回り大きく成長することができたと感じています。 

 さて、あと1週間あまりで今年も終わり、新しい年を迎えます。年末年始は1年の区切りとして、過ぎ行く年を振り返るときです。ご家族で、今年の出来事や来年はこんな年にしたいねと語らいの場を持つことで、新しい年へ、良いスタートを切ることができます。始業式には、元気な顔でお会いしましょう! 

お知らせ

 ○ 3学期の始業式は、1月8日(火)で、11時30分下校です。 

 ○ 1月9日(水)から平常日課になります。給食も始まります。 

 ○ 3学期も、バスの送迎は時刻表の5分前にお願いします。 

 *国道工事に伴う、四日市南バスの遅れについて、ご協力ありがとうございました。  皆様のおかげで、安全に運行することができました。工事はほぼ終了し12月17日(月)より平常の時刻で運行しています。今後とも、安全安心なスクールバスの運行にご協力をよろしくおねがいいたします。 

〈非常食の持ち帰りと試食について〉

 今学期も3日間の非常食準備にご協力ありがとうございました。冬休みになりますので、本日非常食を持ち帰っていただきました。1学期にもお願いいたしましたが、持ち帰っていただいた非常食は、一度ご家庭で試食していただき、緊急時の非常食として適当かどうかご確認下さい。ポイントは次の3点です。 @常温で食べられる。A普段の食事と同じ食形態である。B各学期の終了時で、賞味期限切れしていない。 新学期には、また3日分9食の非常食をご用意いただきますようお願いいたします。その際にも、上記の点にご注意いただき、非常時に少しでも安心安全な状態で子ども達が過ごせるようご協力下さい。  

「普通に生きる」上映会&講演会終了

 12月7日、PTA主催ドキュメンタリー映画「普通に生きる」上映会を行いました。参加人数は43名。たくさんのご参加ありがとうございました。放課後は教職員も、映画だけですが、上映会を行いました。 

 障がいがあってもなくても、子どもとその家族の暮らしは、喜怒哀楽にあふれた「普通」の暮らしではないでしょうか?しかし、重度の障がいのある子どもが成長し、社会に出ようとするとき、選択肢は限られ、親が自分の人生を犠牲にしなければならないなど「普通」が許されないことはたくさんあります.誰もがいつかどこかで健康でなくなるのに、健康な人とそうでない人が乖離した社会、それが今の社会です。この現状を打開することが私たちに課された使命であると感じます。 

 自立」というと、自分の身の回りのことができるようになることだととらえられますが、どんな親も、どんな子も、一人の人間として、それぞれの人間関係を築いて生きていくことが本当の意味での自立なのだとこのドキュメンタリーは訴えています。自立の意味を変え、誰もが「普通」に「自立」して生きていける社会をめざし、きらら学園も活動を続けていきたいと思います。今年8月28日に「これからの『重症心身』障害者の地域生活について考える」をテーマに、「青葉園」、「愛光園」、「朋」の方々をお招きして行ったシンポジウムは、その第一歩です。 

 いつか、きらら学園を中心に、誰もが「普通に生きる」町ができることを信じて進んでいきましょう。 

災害伝言ダイヤル体験を行います。

 1月17日は防災とボランティアの日、15日〜21日は防災とボランティア週間です。 

 これは、平成7年1月17日に発生した「阪神・淡路大震災」を踏まえ、災害時におけるボランティア活動及び自主的な防災活動についての認識を深めるとともに、災害への備えの充実強化を図ることを目的に設けられました。この期間は、ボランティア活動や自主的な防災活動の普及のための講演会、講習会、展示会等の行事が、国、地方公共団体、関係団体等によって全国的に実施されます。そのような活動の一つとして、NTTが災害時に設置する災害伝言ダイヤルが、1月15日〜21日に体験利用できます。 

 それを利用して、きらら学園でも「災害伝言ダイヤル体験」を実施したいと思います。いざという時、「この災害伝言ダイヤルのおかげで、安否を知らせることができ、必要な援助が得られた。」など、携帯電話やインターネットも通じないとき、非常時の連絡方法として有効だったとの声が、東日本大震災でも確認されています。学校との連絡だけでなく、家族や親戚、知人とのやりとりにも使えます。 

 1月に詳しいプリントを配布いたします。参加は強制ではありませんが、簡単に操作できますので、是非体験してみて下さい。