きららトップページへ

 トップ学校通信目次>学校通信

紫陽花(アジサイ)の季節到来

 5月28日(土)親子レクレーション・授業参観に来校いただきましてありがとうございました。学習の様子をご覧いただいたり、親子でのゲームに参加していただき、子どもたちも大いに楽しんでいる様子でした。
 さて、梅雨の季節を迎え、紫陽花のつぼみが膨らみ、色づき始めました。自然の植物がたくましく伸びゆく様は、私たちに勇気と希望を与えてくれます。草や木の生長にとってなくてはならないのが、雨の日であり、またよく晴れた日です。どちらもほどよいバランスで繰り返されることで、幹や枝は大きくなり、葉は勢いよく生い茂ります。雨ばかり降っていれば、植物は根が腐って育ちませんし、逆に晴れの日ばかりでも、水分がなくなって枯れてしまいます。子どもの心の成長にも雨の日と晴れの日のように「きびしさとやさしさ」が必要です。厳しくしかる中でもなぜ注意されたのか気づくようになれば、それをほめることが大切です。そんな中で的確な判断ができるようになり、社会の一員として自覚を持った人間に成長していくのだと思います。
 いよいよ1学期の後半に入ります。6月は、学校生活にも慣れ、学習に生活にいちばん充実するときでもあります。校外学習、宿泊学習、職場実習(高等部)と学習の幅も広がっています。ご家庭で学校のことを話題にしていただくことで、お子さんが学校で過ごす時間がさらに意味のあるものとなっていきます。また、衣替えの季節です。気温の変化等には十分気をつけていただいて、お子様ともども充実した日々をお過ごしください。

お忙しい中ありがとうございました 

 5月12日(木)、13日(金)、16日(月)に、家庭訪問をさせていただきました。学校や家庭での様子、日頃思ってみえることや将来の進路など、膝を交えてお伺いできましたこと、本当にありがたく思っております。今後ともお子さまの成長のために、職員一同力を合わせて取り組んで参りますので、ご協力よろしくお願いします。

学校関係者評価委員会からの評価について

平成23年3月に、学校関係者評価委員会から、次の点について評価をいただきました。(こちらから)私たちは、この評価を踏まえ、今後も学校の改善に取り組み、教育活動、保護者との連携、特別支援教育における地域のセンター的役割等の充実に努めてまいります。

24日(火)避難訓練がありました

 

 5月24日(火)に本年度第1回目の避難訓練があり、大切な命を守る勉強をしました。今回の訓練は、厨房から火災が発生したという想定で行いました。校内放送で先ず火災報知機が鳴っていることを伝え、確認後、避難しました。今年は雨の心配がありましたので、体育館に集合しましたが、実際にはプラットフォーム前に避難します。消防署の方から、大変早く避難できたとほめていただきました。また初期消火班の動きについて指導をいただき、早速改善をする予定です。
  避難訓練終了後は、スモークマシーンによる煙体験をしたり、消防車前で記念写真を撮ったりしました。今回は体育館避難のため消化器訓練ができませんでした。しかし、煙の中に入ることで火災の怖さを体験することができました。
  火災や地震は、いつ、どこで起こるかわかりません。学校以外にも、家庭、買い物先、乗り物の中など、いろいろな場所が考えられます。また、家族と離れてしまう時があるかもしれません。このような場合にはどうすればよいのかを、日頃からご家族の間で話し合ってください。
  また、3月の東日本大震災では大きな被害が出ました。被災者の皆さんの困窮は他人事ではありません。とくに本校と同じような特別支援学校では詳細な状況報告をする余裕すらないのが現状です。
きらら学園は標高49m、海岸からも遠く津波の心配はまずありませんが、校舎が大きな被害を受けたときのために、避難場所や避難経路、設備を再検討しています。まずは、多くの生徒の命に関わる電気を確保するため、非常電源に加え、15時間対応の大型発電機を複数台購入する計画です。
   加えて、保護者の皆様も被災者となり、子どもたちを安全安心な状態で受け取っていただくことができないとき、学校としてどのような対応ができるのかも考えていきます。

スクールバス遅延についてのお詫び 

 5月16日〜27日に行われた東名阪自動車道のリフレッシュ工事に伴い、高速道路を回避した車の流入で1号線などの幹線道路がかなり渋滞しました。その影響を受けて、本校のスクールバスにも大きな遅れが出ました。特に四日市南・桑名の遅れは20分を超えることもあり、バス停でお待ちの皆さんにご心配やご不便をおかけし、本当に申し訳ありませんでした。
  しかし、このような渋滞はなんとも対応しがたいのが現状です。今後も事故等様々な原因で渋滞が起こると考えられます。そのような場合でも、学校から特に連絡がない限り、バスはバス停に向かっておりますので、そのままお待ちいただきますようお願いいたします。また御不明な点がございます場合は、学校にお問い合わせいただきますよう重ねてお願い申し上げます。