ブログ(学校のようす)

度会校舎のようすを伝えます!

ブログ一覧

学校のようす

2019年12月10日 松ぼっくりでクリスマスツリーを作りました。

 

日頃より家庭部の生徒たちは、オリジナルレシピにより度会茶を使ったクッキーやケーキ等を作製し、度会町や学校の様々なイベントで提供しています。

本日(12月10日)、本校家庭部の生徒たちが大王松を使ってクリスマスツリーを作り、職員室等に飾り付けてくれました。今の季節、町中ではクリスマスツリーがあちこちで見られます。こんな素敵な贈り物を家庭部の生徒たちからもらい、生徒・職員共に、とっても幸せな気持ちになりました。

 

2019年12月5日 11月のいじめ防止強化週間「ピンクシャツ運動」について

朝の挨拶運動

ピンクシャツ運動とは(説明看板)

11月は「三重県いじめ防止強化月間」でした。本校でも、11月18日から22日にかけて「ピンクシャツ運動」を生徒会が中心となって行われました。

ピンクシャツ運動とは、カナダで誕生した「いじめ反対運動」です。カナダで、中学3年生の男子生徒がピンクのポロシャツを着て登校し、いじめられました。それを知った高校3年生男子生徒2人がその日のうちにピンクのシャツを大量に購入し、メール等で友人知人などに翌日に着用することを呼び掛けました。翌朝、2人はシャツなどを呼び掛けた人に配り、着てもらいましたが、この日に呼び掛けた以上の学生がピンクの服で登校し、学校がピンクに染まり、いじめがなくなりました。以降、ピンクシャツデーとしてカナダ全土に定着し、世界各国へと広まりました。この運動は、「いじめ反対」のメッセージとともに、いじめの問題を個人や当事者間だけの問題ではなく、社会全体の問題と捉え、いじめの定義や、傍観者になることなどを含め、いろいろないじめの問題について考える機会となっています。

本校では、生徒会執行部や有志生徒がピンクの小物を身につけて朝、校門に立ち、挨拶運動と同時に行いました。また、「ピンクシャツ運動」の説明看板を立てかけ「いじめ」に関心を持つように声かけを行いました。

南伊勢高校度会校舎は、家庭・社会と協力し、いじめを絶対に許さない体制のもと「いじめ防止活動」に取り組んでいます。

2019年11月20日 「令和元年度修学旅行(九州)」について

初日 鹿児島「維新ふるさと館」にて。全日程快晴!素晴らしい天候のもと、全員無事充実した旅行でした。

続いて「仙厳園」にて。NHK大河ドラマ西郷どんの撮影現場。

2日目 「知覧特攻平和会館」前日、特攻の母・鳥濱トメさんのお孫さん明久さんによる貴重な講話を受けてから訪れました。この後、長崎はハウステンボスへ。

3日目 「平和記念公園」~「長崎原爆資料館」そして、長崎市内を班別で自主活動を実施。

11月6日(水)から9日(土)まで、本校2年生は3泊4日で九州へ修学旅行に行ってきました。修学旅行の目的は、次のとおりです。
1.西郷隆盛を中心とした明治維新と日本文化・歴史の理解を通じて、見聞を広める。
2.知覧特攻平和会館・長崎原爆資料館で「特攻隊・原爆」「戦争と平和」について考える。
3.長崎ハウステンボス・長崎市内散策で班別行動を通じ仲間意識と助け合いを養う。
4.校外研修を通じ、自主的・自律的行動ができる力を養う。
 また、生徒一人ひとりが、「何のために」生き、成長するのか等を感じ取るための旅行でもありました。
 昨年度の修学旅行先は沖縄。旅行前、沖縄と比べる生徒も何人かいましたが、旅行を終えると皆、「本当に良かった」「とても貴重で、素晴らしい体験でした」等、充実感溢れる感想を口にしていました。(帰りはフェリーで大阪港に。これも生徒にとって良い経験でした。)
 生徒たちは、今回の修学旅行で得られた「戦争の悲惨さと平和の大切さ」「命・友情の大切さ」、そして何よりも約84時間、自宅を離れて友人たちとの集団生活での貴重な経験を、これからの高校生活や卒業後の人生にきっと活かしてくれることでしょう!

 

2019年11月20日 「度会町民文化祭芸能発表会」について

11月3日(日)ステージ発表 

 11月3日(日)令和元年度 度会町民文化祭芸能発表会が度会中学校体育館で行われました。この発表会は、幼児からお年寄りまでの度会町民がダンスや歌等、日頃の芸能活動の成果を、披露するものです。本校も、生徒6名(奥出さん、尾西さん、東出さん、小林さん、中村さん、岩元さん)が合唱で参加しました。発表曲は、「A Whole New World」(勿論、英語です)。発表後、大きな拍手をいただきました。
 後日、町民文化祭の反省会が行われて、「せっかく出場してもらったのに、1曲だけではもったいない。もう1曲どうだろうか。すごく声が出ていて、一生懸命でよかった。来年も是非出場してほしい」以上のようなありがたい意見をいただきました。
生徒たちも、「大勢の中で発表することができて嬉しい。こんなステキな発表会があることを初めて知りました。また、出たいです。」等、満足げに感想を語ってくれました。
このように、南伊勢高校度会校舎では生徒たちが町内のイベントにも積極的に参加しています!

 

2019年10月28日 秋の図書館まつり「南伊勢高校度会校舎図書館から来ました!」について

子どもたちへの読み聞かせ①


子どもたちへの読み聞かせ②

伊勢方言かるた大会

10月26日(土)度会町地域交流センター図書室で、わたらいキッズ・チャレンジ教室、度会町教育委員会、そして我が「度会校舎文化同好会」の生徒たちによる「秋の図書室まつり」が開催されました。メインイベントは、本校生徒による「南伊勢高校度会校舎図書館から来ました!」です。本校高校生と一緒にちびっ子たちが読み聞かせや、かるたゲームで楽しみました。4冊の読み聞かせの後、伊勢方言カルタで大いに楽しみました。読み聞かせ中、子どもたちは皆、真剣に高校生たちのお話に聞き入っていました。カルタゲームでは、皆が1枚でも多くカルタをゲットしようと、大いに盛り上がりました。終了後、高校生たちからちびっ子たち全員に、賞品がプレゼントされ、皆嬉しそうにしていました。このような取り組みは、本校では毎年2回づつ2014年度から取り組んでいます。生徒たちも年々、ちびっ子たちと上手くふれ合うようになっています。

2019年10月23日 ボランティア活動について

ふれあいまつり受付

高齢者疑似体験コーナー

ちびっ子キーホルダー作り

10月20日(日)度会町地域福祉センターで、第35回福祉ふれあいまつりが開催されました。南伊勢高等学校度会校舎は、地域との交流にたいへん力を入れています。特にボランティア活動に力を入れており、これまでも、地域の様々なイベントに大勢の生徒たちが参加しています。今回も生徒会役員等、11名の生徒たちが参加しました。皆、それぞれ担当する持ち場に別れ、来場の皆様に「笑顔」で対応して場を盛り上げていました。終始、ふれあいまつり実行委員会の方からとても頼りにされ、また来年も参加することを約束しました。

参加生徒たちは、今回のような園児から高齢者まで幅広い世代との交流によって、さらに大きく成長します。

2019年10月21日 2019年度陸上部東海大会出場壮行会について

10月16日(水)(生徒会長から全校生徒を代表して激励の言葉を贈りました)

本校2年生の牧戸力丸さんが、先日9月に行われた県内新人戦で10月26日から始まる「東海高校新人陸上競技選手権大会」(以下、東海大会と表記す)に見事、出場権を獲得しました。

このことに対して、全校挙げて壮行会を実施し、全員で校歌を歌い、エールを送りました。

牧戸君はこれまで信念を持って努力を積み重ねてきました。その証をきっと東海大会でも示してくれることでしょう!がんばれ!

2019年10月17日 文化祭について

2019年10月10日、11日の2日間で文化祭を開催しました。

1日目は、体育館で、午前中に各学年の合唱や有志バンド等による有志発表がありました。

午後からは、引き続き体育館で、生徒会企画イベントを行いました。

2日目は各クラスが以前から準備をしていた企画展示、さらにPTAが企画したビンゴ大会を実施。両日とも大いに盛り上がりました。

※写真は1日目ステージ企画1年生合唱「心の瞳」の発表の様子です。1年生はもちろん、2年生、3年生共に素晴らしい歌声でした。(鳥肌が立つほどでした!)

 

これから、書き込みを増やしていきます。

 

2019年09月13日