画像1 画像2 画像3 画像4 画像5 画像6

美術工芸系列

想像力と感性をみがく

美術工芸  美術工芸系列では、美術工芸系列では、美術(絵画・彫刻など)、工芸(陶芸など)、デザイン(ビジュアルデザイン・ 情報メディアデザインなど)の各分野にかかわる専門科目を設けています。それらの科目の履修を通して、 造形の基礎的な内容の学習や専門的な技術の習得をしていくとともに、自分自身の表現を発見していくことを目指します。
 授業の基本的な流れは、課題の提示と教員による説明を受けて、考えをまとめつつ作品を制作し、 最後に完成した作品を見ながら教員や生徒相互による評議会をまとめとして行うというものです。
 美術の教室は4つあり、陶芸を行う電動ろくろや窯、CG制作用のPCなどの設備が整えられています。

授業の様子
写真家浅田氏の授業の様子 陶芸出前授業の様子
写真家浅田氏の授業の様子 陶芸出前授業の様子
工芸Ⅰ 彫刻
工芸Ⅰ 彫刻
陶芸> 絵画
陶芸 絵画
三重額縁 校外学習
三重額縁訪問 校外学習
出前授業 卒業壁画の様子
卒業壁画の制作 ★記念撮影★

特色ある選択科目・学習活動

主な選択科目
2年生は基礎の学習・技術習得を目指します!
絵画
油彩の実習をメインに、静物画などの絵画の制作技術を学びます。
彫刻
粘土や石などの素材に触れて、立体造形の感覚を身につけ、素材感を活かした作品つくりを目指します。
ビジュアルデザイン
水彩絵の具などを用いて、配色について学び、デザインの技術や発想法を身につけることを目指します。
情報メディアデザイン
コンピューターを用いて、画像の加工やポスター制作を通して技術や発想を学びます。
素描
主に鉛筆によるデッサンを通して、描く力だけでなく、観察し気づく力を身につけることを目指します。
3年生は自分自身の表現!
造形美術
系列で培った基礎的な造形力をもとに、あらためて絵画と立体の課題に取り組み、自分自身の表現を探します。
造形デザイン
系列で培ってきた基礎的な造形力をもとに、自由度の高い課題に取り組み、デザインする力や発想力を磨きます。

美術工芸系列展

毎年1月に行う美術工芸系列生の作品展です。学校と学外の会場(道の駅奥伊勢おおだい)の、2会場で開催しています。展示作品だけでなく、 展示準備や会場受付などの運営も含め、展示会全体を生徒が作り上げます。
3年生にとっては系列での学びの集大成を展示する卒業制作展であり、2年生にとっては自分の学習成果である作品を多くの地元の方に見ていただける 貴重な機会でもあります。

美術工芸系列展1 美術工芸系列展2
今年度のポスター 個性あふれる作品たち
美術工芸系列展1 美術工芸系列展2
道の駅が会場 3年生卒業作品を展示
美術工芸系列展1 美術工芸系列展2
学校が会場 2,3年生も展示

昨年度の受賞作品

○第36回近畿高校総合文化祭兵庫大会(11月11日~27日開催)に美術工芸系列2年生の山川君が美術工芸部門の立体部門に松阪地区代表として出場。
○第28回読書感想画中央コンクールに美術部3年生の大瀬さんが三重県代表として出場し、優良賞を受賞。

山川作品 大瀬作品
作品『消えかけた街』 作品『花嫁の父達』

進路目標

美術系大学・短大、あるいは美術系学部への進学
アート・デザイン系、ファッション系、美容・理容系専門学校への進学