進路指導部の取り組み

 現在、進路指導部では、生徒の進路希望実現のために、様々な取り組みをすすめています。

 南伊勢町から支援をいただき、豊富な指導経験を持った外部講師を招いて、学力充実のための補習を実施しています。外部講師には放課後、英数国の3教科を各2時間ずつ週三日にわたって教えていただいています。進学ばかりでなく、就職や各種公務員試験対策など、生徒の希望に応じて内容を考えながらすすめていただいています。また、上級学校見学や学校説明会などを実施して、生徒の意識向上に努めています。

 就職では、南伊勢町の支援で、就職支援員を派遣していただいています。就職支援員の方には、会社を訪問して就職先を開拓していただいたり、生徒の相談、面接指導などをおこなっていただいています。また、本校は少人数なので、その利点を活かし、担任や進路指導部で複数の教員が何度も面談を実施するなど、生徒一人ひとりに個に応じた手厚いサポートを行っています。

 平成28年も昨年度に引き続き、就職試験では、一次で全員が合格することができました。最近は少子化や好調な経済のおかげで、高卒求人は売り手市場となっています。特に、南勢地区においては、高校生の急減により、企業によっては、なかなか人を集められない状況です。本年の特徴としては、SBP活動で活躍していた生徒が南伊勢町役場に採用されたこと、志摩スペイン村に3名、トヨタに2名採用されたこと、伊勢福(おかげ横丁を運営)に就職できたことです。本校生徒には、社会人の第一歩となる新しい職場でしっかり頑張ってほしいものです。

過去5年間の進路状況

就職先一覧

進学先一覧

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。