学校長挨拶

TOP>学校紹介>学校長挨拶

 ようこそ、三重県立名張桔梗丘高等学校ホームページへ。

 本校は、1973(昭和48)年に開校し、平成29年度で45年目を迎える全日制の普通科単位制高校です。三重県名張市の東に開けた桔梗が丘住宅地にあり、学習環境に恵まれた中で勉強と部活動の両立に向けてしっかりと取り組んでいます。
 本校は平成28年4月に近隣の名張西高校と統合し、名張青峰高校が開校しました。そのため、本年度の在校生は3年生160名のみとなりました。新しい年度は3年生と教職員だけのスタートとなります。そして、平成30年3月に45年間の歴史に幕を閉じます。寂しい気はしますが、教育活動にしっかりと取り組み、新たな歴史を刻み、さらに素晴らしい名張桔梗丘高校となるよう、生徒・教職員が一丸となって学校生活を盛り上げ、全力でLast Runに向け駆け抜けてまいります。今日まで地域の方々をはじめ、多くの方々に多大なるご支援・ご協力を賜りましたことを心より感謝申し上げます。残り少ない1年間ではありますが、今後ともよろしくお願い申し上げます。
 本校の目指す学校像は「生徒・保護者・地域・PTA・同窓会・教職員が一体となって教育活動に取り組み、元気と活力のある高校生活を通じて、一人ひとりが名張桔梗丘高校の生徒であることに喜びと誇りを持ち、確実な進路実現と希望に輝く未来へ笑顔で旅立つことができる学校」です。

 そして育みたい生徒像として

 1.真剣かつ熱心に授業に取り組み、部活動や資格取得にも積極的にチャレンジして、
   確実な学力・技術力の向上につながっている。
 2.1人ひとりがそれぞれの段階で自己目標を設定・達成することで、やりがい感・
   自尊感情・自己肯定感・自己有用感を獲得している。
 3.登下校時に交通ルールやマナーを守り、大きな声で挨拶ができ、規律ある行動が
   とれることで地域から厚い信頼を得ている。
 4.様々な形で積極的に地域と連携・貢献し、地域に感謝し地域とともにより良い
   学校づくりに取り組んでいる。
 5.コミュニケーション力を着実に身につけ、人の思いを受け止め、自らの思い・考えを
   正確に相手に伝えることで、豊かな人権感覚を養っている。

を掲げ、学習・進路指導の充実と部活動の活性化により、生徒の学力向上と豊かな人間性の育成を目指しています。(いわゆる「文部(部活動の部)両道」です。)

 生徒たちはとても元気で明るく、大きな声で挨拶ができ、積極的に勉強や部活動、学校行事に取り組んでいます。生徒1人ひとりが「達成感」と「自信」と「誇り」を持って高校生活を過ごせるよう、教職員一同、本校らしさを失わない魅力的な学校づくりにさらに邁進してまいります。
 ホームページでは、本校の特徴や部活動の様子等を掲載しています。どうぞ、ごゆっくりご覧ください。







三重県立名張桔梗丘高等学校 学校長

服部 守賀