一人ひとりの「生きる力」を育てる三重県立飯南高校総合学科

「社会福祉基礎」

皇學館大學現代日本社会学部:「社会福祉基礎」

連携授業

   ・9月15日(火) 山路 克文 教授  
    「今日の社会福祉―近年の動向をふまえて―」
   ・10月9日(金) 笠原 正嗣 教授
    「超高齢社会における移動保障と交通政策の必要性」
   ・10月27日(火) 叶 俊文 教授
    「介護レク(余暇活動)体験とアイマスク体験」

 

実施に伴う成果

 介護系列における高大連携授業は年間3回実施した。今年度も皇學館大學による「出前授業」と連携し、大学の先生方から専門的な授業を受けることができた。
 授業は、映像やグループワーク、演習や実技など様々な形式で実施していただいた。生徒は積極的に質問をし、興味関心をもって授業に臨んでいた。また、実際に体験等行うことで、高校で学んでいる福祉の知識をより深く理解できた様子であった。
 介護福祉系列で学ぶ生徒にとって、最先端の福祉機器の説明や幅広い福祉分野の専門的な授業は、非常に新鮮なものであった。また、物事を一面だけで考えるのではなく、多面的に考えることが福祉には必要であることを具体的な例を挙げて授業していただいた。
 大学の先生方の講義は非常に新鮮であり、今後も幅広く福祉について学べる高大連携授業を続けていきたいと思っている。

PAGETOP
Copyright © 三重県立飯南高等学校 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.