一人ひとりの「生きる力」を育てる三重県立飯南高校総合学科

「環境の保護」

四日市大学環境情報学部:「農業と環境」、「環境の保護」

授業形態

 大学の教員による講義等がある日は大学教員と高校教員とのチーム・ティーチングにより授業を行い、その事前学習と事後学習を高校教員がサポートする。

連携授業の概要(大学教官関連分 今年度実績)

  • 第1回 11/4 ごみの処理の現状・青空の学習  高橋 正昭 先生
  • 第2回 11/11 水辺環境について・里山の問題   高橋 正明 先生
  • 第3回 11/16 宇宙生物の話・金の成る木を探そう 高橋 正昭 先生
  • 第4回 1/15 三重県の温泉   橋爪  清 先生

 実施に伴う成果

 この高大連携授業も13年目になり、大学の先生方も本校の生徒実態をよく理解しており、本校の生徒に沿った内容でスライドやプリントを提供していただいている。本校では農業を中心とした環境教育をしており、それらの内容と関連ある講座設定をしていただき、その専門知識は系列の学習内容と関連する事柄も多く、理解しやすく、生徒の興味・関心や理解力が高まり、幅広い視野や異なる視点から環境について捉えることができるようになった。また、内容によって、ややレベルの高い話題やスライドもあったが、事後指導で理解ができるように授業展開をしてきた。
 今年度の3年次生は、キャリア教育としての取り組みで、1年次「産業社会と人間」や「キャンパスインターンシップ」、大学でのキャンパス見学や模擬講義、さらに2年次の後半に、導入として「プレ高大連携授業」を実施し、その延長として「環境の保護」につなげた。 しかし、本年度は2年次生との授業日程が合わず実施することができなかった。現2年生は、次年度、3年次からの高大連携授業となる。

PAGETOP
Copyright © 三重県立飯南高等学校 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.