トップページ  >>  台風等暴風警報発令時における授業の実施について


台風等暴風警報発令時における生徒の登下校と授業の実施について

登校時に暴風警報が(自宅のある市町村に)発令されている場合

(1)生徒は登校せず、自宅で待機してください。
(2)暴風警報が北部・中部に発令されている場合は自宅待機とします。
(3)暴風警報(北部・中部)が解除された場合の授業の扱い
 @午前7時までに解除されたとき  1限目から実施
 A午前11時までに解除されたとき 3限目から実施
 B午後3時までに解除されたとき  5限目から実施

   【注意】 生徒は、通学路・交通手段等の安全を確認して登校してください。

在校時に暴風警報(北部・中部)が発令された場合

(1)原則として授業は中止。速やかに生徒は帰宅します。
  ただし、気象状況、道路状況、交通機関の状況等を総合的に判断して、
  安全に帰宅できることを最優先に対応します。

※ 北部・中部以外から登校している生徒で、授業が実施され、登校できなかった場合の扱いは、出席停止となります。
※ 暴風警報が発令されていない場合でも、豪雨などで、通学が危険な場合は学校に連絡をするとともに、登校を見合わせてください。

【北部】桑名市、四日市市、鈴鹿市、いなべ市、亀山市、
    川越町、朝日町、木曽岬町、菰野町、東員町
【中部】津市、松阪市、伊賀市、名張市、明和町、多気町