トップページ


通信制の概要

1
全日制、定時制とならぶ正規の高等学校の課程です。  スクーリングの様子
「安心・安全」の環境の中で、「自分ならではの学び」を目指します。
昭和23年に松阪高等学校と四日市高等学校に通信制課程が設置されました。平成18年度に四日市高等学校通信制課程と四日市北高等学校との統合により新たに設置されました。
「自学自習」が基本になります。
通信制での自学自習は,「レポート学習」「スクーリング学習」「テスト」から成り立っています。 単位を修得するためには、これら3つすべてを合格させなければいけません。
「レポート学習」 1単位あたり3枚程度の添削学習です。教科書・学習書・機関誌を使って学習します。
「スクーリング学習」 北星高等学校に登校しての学習です。
日曜日に登校し、面接指導を受けます。
※新入生・転入生の初年度は日曜日の登校です。
※特別の事情により許可された編入生のみ、木曜日の登校が認められます。
前期・後期とも10日程度のスクーリングが設定されています。単位を修得するために、各科目に応じて規定回数出席することが必要です。
日曜日に出席できない時のための、補充として、火曜日にスクーリングを設けることがあります。
「テ ス ト」 単位を修得するためには、テストに合格しなければなりません。多くの科目で、半期につき2回考査あります。
6 卒業するためには、必履修科目を含めた74単位が必要です。
7 編入生・転入生は前籍校の単位を含めることができます。
8 卒業するためには、前籍校を含めて3年以上の在籍が必要です。 学習書 教科書
9 卒業するためには、在籍半期あたり5時間以上の特別活動参加が必要です。
10 登録できる単位は、半期あたり20単位以内、年間30単位以内です。