トップページ  >>  本校の特色  >>  教育目標


本校の教育目標

1.学校・家庭・地域ぐるみで、生徒が安心して、安全に学べる学校をつくります。
2.教職員は、傾聴の姿勢を重視した共感力や支援力を高めます。
3.生徒は、「自分ならではの学び」の中で自ら学び、社会に出て自立できる力を身につけます。

学校長より

 弊校は、平成18年(2006年)4月に夜間独立定時制高校の県立四日市北高等学校と、県立四日市高等学校通信制課程が統合され、新たに県立北星高等学校として発足してから、平成27年度で創立10年目を迎えました。定時制及び通信制の一体的な運営により、相互の課程を併用した柔軟な学習システムを構築し、多様な学習ニーズや学習歴のある生徒が安心して学べる環境を整備し、生徒が学ぶ楽しさを実感しながら自ら学ぶことで、社会的自立につながる学びの場の創造を目指しています。
 生徒の皆さん一人ひとりが、自分のペースに合った高校生活を送り、自己の持つ能力や適性に応じた、「自分ならではの学び」の中から、“自立する力”と“社会に貢献できる力”を身に着けてもらいたいと思っています。  
三重県立北星高等学校  校長 松 田 光 司 

生徒の皆さんへ

●心に希望を持っている人は、チャンスをどんどん生み出し、まわりの人々も集まってきます。また、楽しいから協力しあう喜びを得られます。
●笑顔があれば、まわりの人々を明るくします。笑顔と笑い声のあるところには、必ず成功のチャンスがあります。
●自分の能力は、仲間と一緒にいるから発揮されます。
●「できるかどうか」でなく「やるかどうか」です。必ず到達できると信じて挑んでみることです。