トップページ  >>  本校の特色  >>  生活支援  >>  保健室より


保健室より


出席停止について


保護者様

生徒がインフルエンザなど感染症にかかった場合は、学校保健安全法施行規則第18条により出席停止になります。
その場合は、「学校感染症による出席停止証明書」を病院(医師)に記入してもらって下さい。そして、停止期間が終了して登校する時に、その書類を学校に提出して下さい。
お手数をおかけしますが、何卒ご理解の程を宜しくお願い申し上げます。

 ・「学校感染症による出席停止証明書」のダウンロード


三重県立北星高等学校
校長 松田 光司 




《参考》
学校保健安全法施行規則により、下記の感染症にかかった場合は、出席停止の扱いになります。
感染症の種類出席停止の期間の基準
・インフルエンザ
(鳥インフルエンザを除く)
発症後5日を経過し、かつ解熱した後2日を経過するまで
・百日咳特有の咳が消失するまで又は5日間の適正な抗菌性物質製剤による治療が終了するまで
・麻しん
(はしか)
解熱した後3日を経過するまで
・流行性耳下腺炎
(おたふくかぜ)
耳下腺、愕下線又は舌下線の腫脹が発現した後5日を経過し、かつ全身状態が良好になるまで
・風しん
(三日はしか)
発疹が消失するまで
・水痘
(水ぼうそう)
すべての発疹が痂皮化するまで
・咽頭結膜熱
(プール熱)
主要症状が消退した後2日を経過するまで
・結核
髄膜炎菌性髄膜炎
症状により学校医その他の医師において感染の恐れがないと認めるまで
・感染性胃腸炎
マイコプラズマ肺炎
・溶連菌感染症
(しょうこう熱)
症状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めるまで