このページの本文へ移動

「自転車安全教育モデル校」の指定を受けました

外部講師による交通安全教室を実施しました。雨天のため体育館での実施となりました。

内容は、JAと各都道府県警察本部が連携して実施している「スケアード・ストレイト教育技法」を用いた講演会です。スタントマン、車両(自転車)を使用し、交通事故をリアルに再現し、事故の危険性を学ぶ機会とするもので、事故を防止しようとする意識を高めることを目的としています。

講演中は、スタントマンの迫力ある演技に体育館内は釘付けとなり、事故の怖さを肌で感じることができました。事故を防ぐための作法やルールの解説も集中して受講することができました。

講演終了後、本校は「自転車安全教育モデル校」に指定され、指定書の交付を受け、のぼりを頂きました。