ゴミの排出量が増えている

最近ゴミの量が非常に多いです。日本で1年間に出されるゴミの量は、およそ5億トンです。
これは、1カ月に東京ドーム1,000杯分にもなります。 1人あたりでは、1年に3トントラック1杯分にもなります。 このうち「一般廃棄物」は10%の5千万トンくらいです。
また、家庭から出されるゴミのうち、焼却施設で燃やしてから灰として埋められているものがおよそ73%、 そのまま土の中に埋められているものがおよそ23%、何かにまた利用(リサイクル)されているものは、たったの4%だけです。 ゴミの年間排出量は昭和61年度には4,296万トンであったものが、平成10年度には5,160万トンになっています。 また、平成10年度の1人1日当たりの排出量は 1,118グラムとなっています。


ゴミを捨てるところが不足している

廃棄物の処理・処分場が不足しています。一般廃棄物の処理では、その処分場、特に最終処分場の確保が 大きな問題となっています。ごみの排出量の増加に伴って最終処分場の残余容量は急激に減少してきています。
平成10年度末における最終埋立処分場の残余年数は全国平均で約 12.3年となっています。 ゴミの増加により、ゴミの埋立地がいっぱいになろうとしています。 このままでは、近いうちにゴミを捨てる場所がなくなるかもしれません。


取り組まれている対策の現状

現在ゴミの量を減らすために取り組まれていることとして現状は、簡易包装やエコなどを意識して買い物袋を有料化したり しているという取り組みを行っているところはあります。
またゴミ問題の現状としてゴミの量を減らすためにも、販売する段階から可燃ゴミだけで梱包するなどの工夫もされているのが 現状です。自治体では分別なども積極的に行っているところもあり、燃えるゴミとプラスティック、 そしてビンや缶ペットボトルなどに分けて分別収集を行っています。
しかしながら分別収集を行っていても、まだ今だに分別せずにゴミに出しているという人はいるので、この現状は 何とかしなければせっかく分別をしている一部の人たちのゴミ問題への取組が意味のないものになっていることになります。


ゴミ問題による被害へ! まとめへ!