家庭科技術検定(4級〜1級)被服、調理

硬筆書写検定

ワープロ実務検定(2、3級)

着付け初級免許状(デザインコース)

 

家庭科技術検定

財団法人日本書写技能検定協会が実施する硬筆書写の技術検定である。理論と実技で行います。本校では3級を全員受験します。

 
 
 

硬筆書写検定

どの検定についても言えることですが、一夜漬けでは合格できるものではないと言えると思います。
特に本科の検定は筆記、実技を伴うものがほとんどです。コツコツとした日々の努力が何よりも大事だと言えます。
この努力で実力が大幅に伸びる生徒もいます、合格は自分の努力の結果であり生徒の自身につながっていると思います。

自分で長じゅんばん、長着の着付け、帯結びが時間内に着付け出来るよう12時間の実技講習を受けます。試験は筆記と実技で行われます。

専門の職業(食関係や被服関係)に進む場合、仕事への馴染みも早く職場で重宝されることもあります。
また、進学においては家庭科技術検定を持っていると入試に有利になったりする学校もあります。
硬筆検定では、丁寧に字を書くことを覚え、コンクールへの応募書類や履歴書等に活用できます。
着付けについては美容師関係に進む生徒については就職先で活用できると思います。

被服製作や食物調理に関する基礎知識と技術・学習意欲・チャレンジ力・段取り力を養う検定です。

着付け初級免許状