令和4年度事業計画

研究協議会(総会)
 令和4年5月17日(火) 三重県立津西高等学校(オンライン併用)

夏季研修会
 令和4年7月29日(金) 三重県立津西高等学校(オンライン併用)

研究大会
 令和4年12月上旬予定  会場未定

カテゴリー: 未分類 | 令和4年度事業計画 はコメントを受け付けていません

令和4年度 夏季研修会

日時:令和4年7月29日(金) 14時00分~16時30分
会場:三重県立津西高等学校(オンライン併用)

○会長挨拶
会長不在のため、アドバイザリボードの四日市商業高等学校渡邉校長、白子高等学校山口校長の2名から挨拶があった。

○研修1
「Google Workspace で校務負担を軽減しよう」
  一歩先のICT教育を見据えた授業支援プログラム研修
        講師 三重県立桑名高等学校 的場照祥 教諭

GAS(Google Apps Script)を利用した教育の情報化を進め、Classromの一括登録など、業務を効率化する方法を研修した。

○研修2
情報交換会
「授業実践」「情報環境」「入試対策」の3つのブースに分かれ、情報交換会を行った。導入された生徒1人1台端末の課題や、共通テスト対策など議論は尽きない研修となった。

カテゴリー: 未分類 | 令和4年度 夏季研修会 はコメントを受け付けていません

令和4年度 研究協議会(総会)

日時:令和4年5月17日(火)14時
会場:三重県立津西高等学校 特別棟3階視聴覚室(オンライン併用)

○議案審議
 1.令和3年度 事業報告・決算報告
 2.令和4年度 役員選出
 3.令和4年度 事業計画・予算要望について

○講演
 「「未来の教室」と教育DX」
   経済産業省サービス政策課教育産業室 齋藤 直樹 様

 経済産業省が推進する「未来の教育」事業を中心に、教育DXを進めるためのツールや、教育データの活用など将来を展望した講演を聞くことができた。また、学校において効果的なEdTech補助金やSTEAMライブラリーの活用など紹介された。

○ 情報交換・諸連絡
 「授業実践ユニット」「入試対策ユニット」「情報環境ユニット」に分かれ、それぞれ情報共有を行い、有益な情報を得ることができた。

カテゴリー: 未分類 | 令和4年度 研究協議会(総会) はコメントを受け付けていません

令和3年度 情報交換会

日時:令和4年3月28日(月)14時30分~16時30分
会場:三重県立亀山高等学校(オンライン併用開催)

〇情報共有① 「情報Ⅰ」のおさらい
 三重県立伊勢高等学校 主幹教諭 古儀豊
 令和4年度から実施される教科「情報Ⅰ」について、新年度に向けて改めて取りまとめて解説。

〇情報共有② 名張青峰高校のBYODについて
 三重県立名張青峰高等学校 教諭 向山明佳
 令和4年度から三重県立高校において1人1台端末が導入されることから、先進校である本校の事例紹介とその活用について解説。


〇情報交換①
 「情報Ⅰ」の取り組みについて、教科書別グループに分かれ進め方等を情報交換
〇情報交換②
 共通テストに「情報Ⅰ」が加わることから、各高の対策等を情報交換。

カテゴリー: 未分類 | 令和3年度 情報交換会 はコメントを受け付けていません

令和3年度 研究大会

日時:令和3年12月3日(金) 13時30分~16時20分
会場:オンライン形式で実施(拠点:三重県立亀山高等学校)

〇情報教育に関する講演(新学習指導要領について 他)
 講師 三重大学特任教授 奥村晴彦様
    工学院大学附属中学校・高等学校校長 中野由章様

カテゴリー: 未分類 | 令和3年度 研究大会 はコメントを受け付けていません

令和3年度 夏季研修会

日時:令和3年7月28日(水) 13時30分~16時00分
会場:オンライン形式で実施(拠点:三重県立亀山高等学校)

○講演Ⅰ
教科「情報Ⅰ」に関するWebセミナー(Life Is Tech)
中学生・高校生向けのIT・プログラミング教育サービスを行っているライフイズテック株式会社様に、学習指導要領改訂における「情報Ⅰ」設置の背景や小中高との連携、授業で求められることなどを中心に講演していただきました。

○講演Ⅱ
経済産業省「未来の教室」事業について
    (経済産業省サービス政策課教育産業室 齋藤直樹様)
文部科学省と経済産業省が連携して取り組む「GIGAスクール構想」や「未来の教室」事業について講演していただきました。生徒が居場所・学年・時間の制約を受けずに学ぶ「学びの個別最適化」や、EdTech導入の補助金、学びのきっかけとなるコンテンツを無償公開している「STEAMライブラリー」など、これからの教育現場に必要な情報を共有していただきました。

カテゴリー: 未分類 | 令和3年度 夏季研修会 はコメントを受け付けていません

令和3年度事業計画

研究協議会(総会)
 令和3年5月 書面決議としました

夏季研修会
 令和3年7月28日(水)オンライン開催

研究大会
 令和3年12月3日(金)13時30分~16時20分
 ・Zoomによるオンライン開催
 ・情報教育に関する講演(新学習指導要領について 他)
  講師 三重大学特任教授 奥村晴彦様
     工学院大学附属中学校・高等学校校長 中野由章様

情報交換会
 令和4年3月28日(月)14時30分~16時30分
 ・場所 三重県立亀山高等学校(オンライン併用開催)
 ・内容
  情報共有① 教科「情報Ⅰ」について内容を整理して解説
  情報共有② 1人1台端末の利用方法について解説
  情報交換① 「情報Ⅰ」教科書別グループに分かれ進め方等を情報交換
  情報交換② 情報Ⅰに関わらず、校内 ICT利用ルール等広く情報交換

カテゴリー: 未分類 | 令和3年度事業計画 はコメントを受け付けていません

令和2年度 夏季研修会

日時:令和2年8月7日(金) 13時30分~15時00分
会場:オンライン形式で実施(拠点:三重県立亀山高等学校)

○研修
 「オンライン教育実践事例紹介」

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、3~5月において断続的に休校措置がとられていたが、三重県立学校では、県教育委員会が準備したG SUITEの環境を利用し、各校がオンライン教育に取り組んできた。今回の夏季研修会では、この休校中の実践報告を中心に、Google Classroom・Meetの活用事例紹介・情報交換等について、Google Meetを使用し、オンラインで実施した。当日は3校から実践報告の他、14校から文書で提供された実践報告を共有できた。

 亀山高校の報告・・・HRや授業での活用の他、Google Classroomにログインできない生徒への対応として、フォームを利用したログインチェックも行い、全生徒がログインできる状態を確保している。
 名張青峰高校の報告・・・従来からICT活用の先進校として、生徒一人一台端末や全普通教室での大型提示装置などを活用した授業に取り組んでおり、休校中においてもG SUITEの他Zoom等も活用しオンライン教育を行った。
 伊勢高校の報告・・・多くの先生がオンライン授業に関わることができ、休校が明けた現在も一部の授業において活用している。その中で録画したいくつかの授業を紹介した。

カテゴリー: 未分類 | 令和2年度 夏季研修会 はコメントを受け付けていません

令和2年度事業計画

研究協議会(総会)
 令和2年5月 書面決議としました
夏季研修会
 令和2年8月7日(金) オンライン実施
研究大会
 令和2年12月上旬 中止となりました
公開授業
 令和2年 中止

カテゴリー: 未分類 | 令和2年度事業計画 はコメントを受け付けていません

令和元年度 研究大会

日時:令和元年12月5日(木) 13時30分~16時30分
会場:三重県立亀山高等学校 コンピュータデザイン室(第1棟3階)

○会長挨拶

○講演「LEGOプログラミング教材の活用事例・可能性について」
  株式会社アフレル様

 ロボット技術を活用し、プログラミングや探究活動等教育活動への支援を実践している株式会社アフレル様にお越しいただき、LEGOマインドストームを使用したワークショップを行っていただいた。
 短い時間だったが、センサーの活用など簡単に学習することができ、楽しみながら体験することができた。

○実践発表「学校ゲーム化計画」
  三重県立名張青峰高等学校 教諭 向山明佳

 いかに生徒の興味関心を喚起し効果的に授業するかを目標に、授業のゲーミフィケーションを実践している。授業における疑問点の共有を主軸に様々な企画を盛り込むことで、生徒が競い合って学習効果を高めていることを報告された。

○実践発表「専門科目『情報セキュリティ』の先行実施」
  三重県立亀山高等学校 主幹教諭 村山佳之

 新学習指導要領で設置される専門科目「情報セキュリティ」について、昨年度から先行実施している。専門科目ということもあり、難しい実習や内容ではあるが、想定以上に生徒は興味関心を持ちよくがんばっている。普通科でも選択科目として設置できることもあり、指導方法等を含め情報共有された。

○実践発表「全国高等学校情報教育研究会全国大会(和歌山大会)報告」
  三重県立桑名高等学校 期限付講師 今井孝輔

 和歌山大学で開催された全国大会に参加された。ポスターセッション、実践発表、基調講演など、全てに新しい刺激があり自身の実践に活用できると報告された。

○実践発表「津波などによる海面上昇モデルのシミュレーション」
  三重県立桑名高等学校 教諭 的場照祥

 SSH指定校である桑名高校において、探究活動の一環として実践されている。Google EarthとSketchUpを活用し、地域の浸水被害について考えるツールと手法を紹介された。

○講評 三重県教育委員会事務局高校教育課 指導主事 辻井伸文様

カテゴリー: 未分類 | 令和元年度 研究大会 はコメントを受け付けていません